月別: 2013年3月

SonarSound Tokyo 2013タイムテーブルが発表

SST2013

2013年4月6日、7日に開催されるSonarSound Tokyo 2013のタイムテーブルが発表。

2013年4月6日
SonarClub
21:45 LIVE John Talabot
22:45 LIVE Actress
23:45 DJAlec Empire (DJ Set)
1:15 LIVE LFO
2:30 LIVE Sherwood & Pinch
3:30 DJBoys Noize (DJ Set)

SonarLab
21:30 DJ DJ Sarasa
23:00 LIVE Sapphire Slows
0:00 LIVE agraph
1:15 LIVE Madegg
2:30 LIVE Submerse

SonarDôme
Red Bull Music Academy
22:30 LIVE Hiroaki OBA
23:30 LIVE Kidsuke
0:30 LIVE Addison Groove
1:30 LIVE Cosmin TRG
2:30 LIVE xxxy
3:30 LIVE Akiko Kiyama

SonarComplex
21:00 CINEMA Red Bull Music Academy presents H△SHTAG$
22:30 Daito Manabe + Satoru Higa + Mikiko + elevenplay + Tackcom + Ametsub
22:50 CINEMA Bibliomania
23:15 LIVE Day Tripper Records Showcase
Seiho / And Vice Versa / Magical Mistakes / Ogiyy / DEATH FLAMINGO into the Memai / doopiio / Eadonmm
22:50 CINEMAThe Outer Edges (A Keran Evens film)

2013年4月7日
SonarClub
15:00 LIVE Shiro Takatani:Chroma
16:05 LIVE Toe
17:10 LIVE Nisennenmondai
18:05 LIVE Darkstar
19:25 LIVE Nicolas Jaar
20:45 LIVE Karl Hyde

SonarLab
14:30 DJ Tofubeats
16:00 DJ Soichiro Tanaka
17:30 DJ Pinch
17:30 LIVE Green Butter
19:30 DJ DJ Nobu

SonarDôme
Red Bull Music Academy
15:00 DJ sauce81
16:00 LIVE Yosi Horikawa
17:00 DJ Nguzunguzu
18:00 LIVE Space Dimension Controller
19:00 DJ OM Unit
20:00 DJ ILLUM SPHERE

SonarComplex
14:00 CINEMA The Outer Edges (A Keran Evens film)
15:30 LIVE Fragment x 蛍光灯バンド
16:25 TALK Art/Installation Talk & Presentaton
17:05 CINEMA Bibliomania
17:30 TALK Special Talk Session
18:50 LIVE 198000000YEN (イチキュッパ)
19:45 CINEMA Red Bull Music Academy presents H△SHTAG$

http://www.sonarsound.jp/ja/2013/

Tim Heckerの初の来日公演が決定

Tim-Hecker

カナダバンクーバー出身のアンビエントアーティストTim Heckerの初となる待望の来日公演が決定。
2013年6月7日(金) 渋谷WWWと2013年6月8日(土)京都METROの2公演が予定されている。

カナダ、バンクーバー出身のサウンドアーティスト。モントリオール在住。
1996年以降、Kranky、Alien8、Mille Plateaux、Room40、Force Inc、Staalplaat、Fat Catなどのレーベルから一連の作品を発表。
ノイズや不調和、メロディーの交わりへの探求にフォーカスし、音そのものへのアプローチの多様化を促進させた。
彼の作品「Radio Amor」(2003 Mille Plateaux / 2007 Alien8 )は英・Wire誌上で2003年の重要な作品として選出され、
2006年には「HARMONY IN ULTRAVIOLET」(Kranky)がPitchforkの選ぶ2006年トップの作品になるなど非常に高い評価を得た。

http://www-shibuya.jp/schedule/1306/003742.html

新世代の最強タッグと呼び声高いshotahirama / DUCEREY ADA NEXINOのリミックスアルバム最新リーク!アルバムタイトルは「Just Like Honey」

shotahiramaDUCEREYADANEXINOphoto-2

新世代の最強タッグと呼び声高い shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO のリミックスアルバム最新リーク!アルバムタイトルは『Just Like Honey』

evala (port, ATAK) や Ametsub が注目する期待の新鋭音響家shotahirama、そして今や世界中のテクノクリティークスが絶賛するジャパニーズトラックメイカーDUCEREY ADA NEXINO、両者によるリミックスCDアルバムが5月頃SIGNALDADAより発売される。この情報は3月上旬、SIGNALDADAのウェブサイトで公開されてから多くの反響を呼ぶが、その後の情報更新は一切見られず詳細は謎のままであった。今回は何処よりも早くその最新情報のリーク公開に成功した。

YUJI KONDOことDUCEREY ADA NEXINOはこれまでにドイツ、セルビア、イギリスと世界各国で12インチを発表しているが、自身のソロ名義の他にSTEVEN PORTERの名でもユニット活躍をしている。先頃来日したイギリスMODERN LOVEのDemdike Stareとは東京・UNITにてステージをシェアしたばかりで、その衝撃は鮮明な記憶として人々の心に強く残っている。またshotahiramaは今年頭にドイツRaster-NotonのKangding Rayと京都・Metroでステージをシェアしている。両雄ともにリリースのみならず、2013年は精力的にライブ活動も続けており、各方面で今最も大きな注目を浴びている。

今回明らかになったのは下記インフォメーションだ。リミックスアルバムのタイトルは『Just Like Honey』と題され、SIGNALDADAからの前作同様、寂しげな女性が孤独に佇む同レーベル特有のアンハッピネスなジャケットデザイン(ジャケット公開時期はまだ未定とのことだ)。収録曲は各アーティスト1曲ずつの計2曲。肝心の音源は未だプレス関係者への公開が一切されておらず、その全体像を掴むことは極めて難しい。しかしDUCEREY ADA NEXINO特有とも呼べる重厚なインダストリアルテクノはSvrecaやAncient Methods を系譜とするラインとしてはこれまで圧巻の完成度を見せており、今作ではシーンとしても次なるステップを踏む為の重要な位置づけ
になる事は間違いないであろう。一方、細部まで造り込まれるトポロジカルな響きのみを提示してきたshotahiramaがそのフィールドレコーディングやショートトラックから離れダンスミュージックへと移行する先にどんな結果(音源)が待っているのだろうか。

徐々に明るみになる彼らのリミックスアルバムでの共演、次なる情報解禁を待ちながら、我々の期待は高まるばかりだ。

SIGNALDADA / shotahirama オフィシャルウェブサイト
http://www.signaldada.com

YUJI KONDO / DUCEREY ADA NEXINO オフィシャルウェブサイト
http://www.yujikondo.com