月別: 2014年5月

sela_1500px

カリフォルニア在住のプロデューサーSELA.の1st Album「Anniversary」がflauからリリース

カリフォルニア・ヴァレーホ在住、弱冠20歳のプロデューサーSELA.がflauよりファースト・アルバム『Anniversary』を発表。
『Anniversary』は、『Stress』3部作以降、2ヶ月のレコーディングを経て完成された新作アルバムと、これまでに残したミックステープからSELA.自身がセレクトした楽曲をまとめた二つのコレクションとなっている。
ライブ・サンプリングと最小限のエディット、Hip-Hop、Juke/Footworkを極限にまで解体したビート、匿名化されたラッパー達の大量のリリックと盟友Allie、 Noahら女性ボーカリストによるムーディーで幻想的な歌声。ジャズ、ワールド・ミュージック、ソウルなど自身のルーツを紐解くように様々なレコードからサンプリングされたループは、The Fieldなど一連のオーガニックなKOMPAKT作品を彷彿とさせる恍惚の美しさを讃え、ループマスターとも称されるそのサンプル選びの妙は、DJ ShadowやHowie B、Koushikといった名プロデューサーのような抜群のセンスを感じさせる。
『Anniversary』のアナザーサイドは、28曲からなるSELA.のティーンエイジ・クラシックス。レコードから美しく切り取られたループに簡素なフィルター加工を施し、R&B、フットワークを独自に消化して作り上げられた浮遊感溢れるミニマル・アンビエントの萌芽の数々。クラウドラップの新星Kitty (aka Kitty Pryde) にフックアップされた「Youth」、「Wavriel」など、一つ一つの瞬間に永遠を見る十代が、瑞々しくループと戯れる軌跡を見ることができる。
限りなくミニマルで陶酔感のあるポスト・インターネット世代の新しいブラック・ミュージックの世界がここに。
限定生産のCDR+DLクーポンの付いたポスターサイズの特殊ジャケット仕様。

■ SELA.『Anniversary』

タイトル:Anniversary
アーティスト:SELA.
発売日:2014年5月21日
CAT#: FLAUR16

tracklist:

01 湾岸地域
02 before i went away
03 crazy
04 learning about yourself may cause disappointment
05 so
06 to the heavens
07 you’d think too
08 heartbeat (ft. allie)
09 keen
10 lost (ft. noah)
11 congratulations
12 fake emotion
13 certainly
14 think about it (outro)

classics (for download)

01 shout outs to ariel pink
02 meant to be
03 youth
04 work
05 8:26[test]
06 voices
07 silvervirga ii
08 suspended
09 kathryn
10 early
11 a theme (interlude)
12 you are alone in this
13 yaklt ii
14 i give up
15 you’re damn cute, y’know!
16 wavriel
17 14
18 myu
19 rpcguy
20 loop for dreams (intermission)
21 maya ii
22 reverie
23 heart
24 evelyn
25 excerpts
26 most serious song i’ve ever made
27 persson (slow)
28 niki fm (footwork)

■ リリース詳細:
http://flau.jp/releases/r16.html

shotahirama-mv

shotahirama / Miclodiet によるスプリットCD『clampdown』のミュージックビデオが公開!

中原昌也、Ametsub、evalaらが注目し、Kangding RayやMark Fellらraster-notonアーティストのジャパンツアーにてオープニングアクトを務める等、近年大きな話題を集めるニューヨーク出身の音楽家shotahirama。そして東京のアンダーグラウンドシーンに置いて絶大な人気と共に確かな実力を兼ね備えるテクノイズ・アーティストMiclodiet。国内の電子音楽シーン、そのカッティングエッジに立つ2人がスプリットシングルを6月8日にリリースする。そして今回その発売に先駆けミュージックビデオが公開された。

映像監督はshotahiramaの実の弟であり、クリエイティブディレクターNIGO®のスタジオ「studio lesson 8」専属カメラマンとして様々な作品、広告媒体で活躍する気鋭の映像作家kenhirama。出演は女装家タレントの吾代健十。ニューヨーク、北京そして東京の3都市にて撮影された映像はストリートダイナミズムとも呼べる特別な臨場感を生んでいる。また、吾代健十の迫力ある存在感は終始画面を支配しており、観る者に大きなインパクトを与えているのもこの映像の魅力だろう。

shotahirama / Miclodiet『clampdown』(SIGNALDADA)
Amazon
Tower Records
HMV
SIGNALDADA webshop

0509THE ACOUSTIC CITY

Yui Onoderaが参加した都市のサウンドスケープを探求するエッセイ集+CD『THE ACOUSTIC CITY』が発表

0509THE ACOUSTIC CITY

地理学/都市計画学者のMatthew Gandyと池田亮司やFenneszなどの作品をリリースするイギリスのtouchレーベルのサウンド・アーティストBJ Nilsenによる、都市のサウンドスケープについて建築/都市デザインなど多様な観点から都市生活における音の機能と役割、場所と音の関係性など音環境についての重要なテーマを探る革新的なエッセイ集が発表。付属のCDには世界各国のサウンド・アーティストによる都市の音を使用した作品が収録(日本からは音楽家のYui Onoderaが参加)。建築、カルチュラル・スタディーズ、地理学、音楽学や都市社会学を含む広範囲にわたる分野から、一連の重要なテーマとなっている都市の音の多様性を探求する一冊となっている。

『THE ACOUSTIC CITY』(英語)
著者: Matthew Gandy, BJ Nilsen

■出版元HP
http://www.jovis.de/index.php?lang=2&idcatside=4542&lang=2

■Sample Pages
http://www.jovis.de/media/pdf/2TheAcousticCity.pdf

■amazon
http://www.amazon.co.jp/The-Acoustic-City-Matthew-Gandy/dp/3868592717#productPromotions