月別: 2014年6月

elements-concert

【ポストクラシカル】TOMOYA NAKA – ELEMENTS Concertの開催が決定。Yuki Murata,Miho Suzukiが参加

2013年にAYからリリースされたTOMOYA NAKAのファーストアルバム「ELEMENTS」。
坂本龍一、植松伸夫、小林武史を始めとした多くの作曲家から高い評価を受ける作曲家兼ピアニストのYuki Murataを迎えリリースされた本作はピアノのみというシンプルな構成でありながらもその楽曲性の高さで大手CDショップ等でも大きく展開された。
また、世界的なアンビエントアーティストであるbvdubの耳にもとまり、彼のMIX TAPEにもエンディング曲として「Rainy Song」が収録される等、海外においてもポストクラシカルやアンビエント系のリスナーを中心に話題となる。
そしてリリースから1周年を記念し、アルバム「ELEMENTS」で全編のピアノを担当したYuki Murata。
そしてアルバム最終曲「Requiem」でボーカルを務めたMiho Suzukiが出演する1日限りの特別公演が2014年7月27日(日)に代々木上原MUSICASAにて開催決定。

TOMOYA NAKA – ELEMENTS CONCERT
2014年7月27日(日)代々木上原 Musicasa
会場:18:30
開演:19:00

前売:3500円
当日:4000円
※前売りチケットご購入の方にAY Label Sampler 02を当日プレゼント

TOMOYA NAKA : Produce
Yuki Murata : Piano
Miho Suzuki : Vocal

特設サイト
http://elements.anay.jp/
http://www.anay.jp/news/tomoya-naka-elements-concert/

artists

Tomoya Naka : Produce
16才で音楽家としてのキャリアをスタート。クラブDJを目指しながら、並行して作曲を行うようになる。以後、修業時代としての10年間、ハウス、ミニマル、ヒップホップ、ダブ、ジャズクロスオーヴァー、モダンジャズ、エレクトニカ、ワールドミュージック、クラシック、現代音楽、邦楽、教会音楽といった様々な時代の音楽様式、または文化を吸収。数千に渡る作品を生み出した。しかし、2010年の7月。修業時代の決別として、それまでに編んだ作品のほぼ全てを焼き払い、新たに本格的な作曲活動を開始。2013年には作曲家兼ピアニストの村田有希を迎えたファーストアルバム『ELEMENTS』をAYから発売した。

Yuki Murata(Films/Anoice/RiLF/Ricco Label) : Piano
0才で初めてピアノに触れ2才で作曲を始めた、生粋のピアニスト/コンポーザー。日本国内だけでなくフランスやカナダでピアノと作曲を学び、ピティナグランミューズや国際ピアノデュオコンクールなどの多くのクラシックピアノコンクールにて優勝/受賞する。 2006年インストバンドAnoiceのメンバーとしてボストンImportant Recordsよりデビュー。その後、ソロ名義Yuki Murataに加え、RiLF(Anoiceのメンバーとmatryoshkaのヴォーカリストcaluによるポストロックバンド), films(Anoiceのメンバーを含む、数人の演奏家によるダークファンタジーミュージックユニット), cru(AnoiceのTakahiro KidoとYuki Murataによるポストクラシカルユニット), The Frozen Vaults(Yuki Murata, Dave Dhonau, Tomasz Mrenca, Harry Towell, Bartosz Dziadoszによるアンビエントミュージックユニット)等のプロジェクトにも参加し、多くの作品を自身の音楽レーベルRicco Label等からリリース。坂本龍一、小林武史、植松伸夫を始めとした多くの作曲家から高い評価を受ける。 また、UKのCan Evgin監督映像作品「Internet is a Desert」の音楽をAnoiceのTakahiro Kidoと担当し、ヴェネチア国際短編映画祭で受賞。Studio Mangosteenの短編アニメーション「Li.Li.Ta.Al.」の音楽を、同じくTakahiro Kidoと担当し、ベルリンとアヌシーの各国際映画祭にてノミネート、札幌国際短編映画祭にて最優秀作曲賞を受賞。東京丸ビルグループでの日曜コンサートのレギュラーや、来場者数32万人を記録した音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」での司会進行と演奏でも注目を集める。さらに、上記、各プロジェクトのメンバーとしてルイヴィトン等のCMの音楽制作に参加。ソロ名義でも国内外のテレビ番組のBGMを作曲し、編曲家としても様々なアーティストのタイトルに携わっている。

Miho Suzuki : Vocal
エリザベト音楽大学宗教音楽学科オラトリオ・カンタータコースを経て、同大学院音楽研究科宗教音楽専攻修了。声楽を故 鈴木仁、ウーヴァ・ハイルマンの各師に師事。これまでにG.F.ヘンデル作曲「メサイア」、「エジプトのイスラエル人」、J.S.バッハ作曲「ロ短調ミサ」「ト短調ミサ」など、主に宗教声楽作品のソリストを努める。また、CD「近代唱歌集成聖歌の世界」(ビクターエンターテイメント)、「カルミナ・セークリ」に参加している。

UrsulaBogner_1978-2

Andrew PeklerとJan JelinekによるUrsula BognerのJapan Tourが開催決定

ドイツ・ベルリンのヤン・イェリネックとアンドリュー・ペクラーによるプロジェクトUrsula Bogner(ウルズラ・ボーグナー)の全国5都市を回るジャパンツアーが開催決定。
東京公演は6/29(日)落合soup、また6/30(月)には西麻布Bullet’sにてアンドリュー・ペクラーのソロ公演も開催される。

“Andrew Pekler & Jan Jelinek Play Ursula Bogner” Japan Tour 2014

6/28(土) 福岡公演
会場: Kieth Flack
共演: Vegpher / little side effect
http://www.kiethflack.net/

6/29(日) 東京公演
会場: 落合soup
共演: ASUNA / 長谷川静男 (Hasegawa-Shizuo) / 光線獣 (Kousenjuu: Stéphane Shibatsuji-Perrin + Yousuke Fuyama)
http://ochiaisoup.tumblr.com/

7/4(金) 和歌山公演
会場: 匠町ギャラリー
共演: Caprice Of Mercury / the birth for nil
http://takumi.ikora.tv/

7/5(土) 金沢公演
会場: kapo
共演: ASUNA / sanchan / Susumu Kakuda
http://www.kapolog.com/

7/6(日) 京都公演
会場: METRO
共演: Ametsub (DJ set) / Polar M / SjQ
http://www.metro.ne.jp/

※関連公演
6/30(月) 19:00 open/start

『BONDAID#3』
会場: Bullets Tokyo
出演: Andrew Pekler / Nyantora (Sound Of Romances) / 食品まつり aka foodman (Orange Milk, Digitalis, Dubliminal Bounce)
HiBiKi MaMeShiBa (Gorge In) / SlyAngle (melting bot / BONDAID)
http://bondaid.jp/

ツアーサイト
http://nightcruising.jp/ursulabogner_tour/

muh

mu hがプライベートレーベル『oolong』よりFREE MIX CD『double helix』を発表。リリースパーティーも開催

都内を中心に活動し、moph recordsにも所属するmu hが自身のプライベートレーベル『oolong』よりFREE MIX CD『double helix』を発表する。

限定数のCDを無料配布するという形式でリリースされる予定で、彼のプレイする機会はもちろん、ライブハウス、クラブ、レコード店、ギャラリー等、あらゆるスペースで手に入るという。MIX CDに関する最新情報は随時、本人のnote (https://note.mu/8muh8)にて更新される。

CDという『モノ』を実際に手に取り、現場で空気の振動を感じ、ネットでのシェアが主流の現代にリアルに音楽をシェアするという過程や違和感を、今一度、楽しんでもらい、たくさんの人にシェアしてもらえたらと本人は話す。
気になる内容だが、電子音楽、現代音楽、テクノ、即興音楽、環境音などの異なるニュアンスを持つ音を同一線上に描き出している。現実感が近づいては遠のくような感覚に陥り、頭の中で音は実に様々な表情をみせてくれる。

さらにリリ-ス併せて、moph recordsのサポートによる『mu h -double helix- release party』が7/12(土)恵比寿のKATA + Time Out Cafe & Diner [ LIQUIDROOM 2F ] にて開催される。
灰野敬二、FumitakeTamura (BUN)、shotahirama、FourColor,、Yaporigami等をゲストに向かえ、シーンでも一際、異彩を放つ、気鋭の音楽家達が集結する。所属するmoph recordsからも、Shotaro Hirata、DJ蟻が参加する。mu hは、映像作家、石塚俊を迎え、特別セットを披露する。

mu h – double helix – release party

[DATE]
2014.07.12 (Sat.)
17:00-23:00

[DOOR]
2000yen

[PLACE]
KATA + Time Out Cafe & Diner [LIQUIDROOM 2F]
http://www.kata-gallery.net/

[GUEST]
灰野敬二 (EXPERIMENTAL MIXTURE)
FourColor(12k)
FUMITAKE TAMURA (BUN)
shotahirama (SIGNALDADA)
Yaporigami (Anatomy / Hz-records / +Mus)

[LIVE]
Shotaro Hirata (moph records)
Yuki Matsumura

[DJ]
mu h + 石塚俊 (Improvisation set)
Akey (FILM / Helix)
DJ Emerald
DJ 蟻 [ari] (moph records)
liberty (Rune / mute)
soma hayato (on sunday recordings)
不時着 (一夜特濃)

doublehelix_flyer 2

https://note.mu/8muh8