Hiroshi Watanabeが袋田の滝をモチーフにしたアンビエントアルバムを制作

Release

2014年11月1日〜2015年2月15日に日本三大名瀑の1つである袋田の滝にて開催されていたイベント「大子来人」。
イベントに合わせ、袋田の滝をモチーフにした環境音楽をHiroshi Watanabeが制作し、袋田の滝近隣の土産屋等でCDとして限定販売されていたアルバムのデジタルリリースが決定。
また、CD盤も限定枚数で通信販売可能となっている。

Hiroshi Watanabeによるコメント
袋田の滝という素晴らしい自然の成す姿を体感し、その滝の為に楽曲を制作する事が出来た事は大変嬉しく光栄な事であり、またそれは責任もある様に感じました。調べていくと実に1500万年という年月を重ねている事を知り、荘厳で壮大な時間と空間の規模を表現する上で、ライティング・ショーとの関係を考慮しながらも、サウンドトラックを作るにあたってのテーマを「誕生から現在」というものに仕立てました。完成した作品を『From Formation To Present』と題し、この大きな物語に描かれている四季折々の景観の変化を音へと導き出しています。

埋没法の施術を東京で行った結果
一重で自信が持てずクリニックにカウンセリングへ

peak silenceの
最新情報をお届けします

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました