タグ: μ-Ziq

emaf-final

EMAF TOKYO 2013最終ラインナップ発表。μ-Ziq、ヤン富田、Y.Sunahara等が出演決定

emaf-final

2013年11月3日、4日の2日間に渡り開催されるEMAF TOKYO 2013の最終ラインナップが発表。
μ-Ziq、ヤン富田、Y.Sunahara等が出演決定。

出演者:
▼11月3日(日曜日)開場/開演 16:00
@LIQUIDROOM[1F]
Diamond Version (Carsten Nicolai&Byetone) + 伊東篤宏
μ-Ziq (Planet μ) <new!!>
world’s end girlfriend & Another Alchemy
AOKI takamasa
no.9 orchestra
THE MERGRIM GROUP
DJ Yogurt

@KATA & LIQUID LOFT[2F]
Programmed by moph records
Fragment
Vegpher
miaou
moshimoss
Yosi Horikawa
34423
mu h
qurea
Akisai <new!!>
DJ 蟻 [SoniCouture Live DJ Set] (moph records) <new!!>
lycoriscoris (moph records) <new!!>
SARA AM (moph records)
Shotaro Hirata (moph records)
SUNNOVA (LOW HIGH WHO?) <new!!>
Yuki Matsumura (Galle) <new!!>
VJ Naoto Fushimi <new!!>
VJ 石塚俊 <new!!>

▼11月4日(月曜日/祝日)開場/開演 16:00
@LIQUIDROOM[1F]
ヤン富田 <new!!>
Y.Sunahara <new!!>
Fennesz
Lusine
環ROY×蓮沼執太×U-zhaan
Inner Science
Fugenn & The White Elephants x Yousuke Fuyama

@KATA & LIQUID LOFT[2F]
Programmed by Bunkai-Kei Records
Go-qualia
Nyolfen
Sokif
Yaporigami
ふんわりちゃん
Sane Masayuki
trorez
Junichi Akagawa <new!!>
nanonum <new!!>
Redcompass <new!!>
sawako <new!!>
Smany <new!!>
Katsuhiro Chiba <new!!>
shotahirama <new!!>
Naohiro Yako <new!!>

6年ぶりとなるµ-Ziqのアルバム「Chewed Coners」がリリース

µ-Ziq-chewed-coners

Mike Paradinasことμ-Ziqの6年ぶりとなるアルバム「Chewed Coners」が自身のレーベル「Planet Mu」からリリース。テン年代ニューエイジ的レトロ・アンビエンス、艶やかで透明感のあるシンセ、 叙情的な旋律、アシッディーでメランコリックなサイケデリア、自らの原点へと返り咲いたファン待望の傑作が完成。

Mike-Paradinas
µ-Ziqプロフィール
UKはウィンブルドン出身、ロンドン拠点の〈Planet Mu〉を主宰する本名Michael Robert Paradinas (マイケル・ロバート・パラディナス)によるソロ・プロジェクトμ-ziq。80年代半ばよりキーボーディストとしていくつかのバンドを転々としながら自 身の楽曲を作り始め、90年代初頭既に数々の名義で名を馳せたRichard D. JamesことAphex Twinの耳にとまり、当時のUKアンダーグランドの最左翼レーベル〈Rephlex〉から93年にデビュー・アルバム、 94年にセカンド、たちまち話題となり95年に〈Virgin 〉へと移籍、子会社として自身のレーベル〈Planet Mu 〉を設立、99年までに〈Virgin 〉や〈Universal〉といったメジャー傘下のレーベルから4枚のアルバム、またJake Slazenger名義で〈WARP〉からもアルバム、Aphex Twinとのコラボレーション作『Mike & Rich』を立て続けにリリースするなど、90年代よりエレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて不動の地位を築く。98年に本格的にレーベルを始動、IDM、ブレイクコ ア、グライム、ダブステップ、ジューク / フットワーク、時代の流れと共振しながらオルタナティブなダンス・ミュージックを中心にリリースを重ね、近年ではチル・ウェイヴ、インディ・ダンスといっ たインディ・シーンへのアプローチもみせるなどA&Rとしても遺憾なくその才能を発揮。レーベル・ディレクターとして15年、アーティストとして 20年、 常にシーンのパイオニアであり続ける、未だその勢いは衰えること知らない。

http://www.inpartmaint.com/#/post-4768