タグ: 青木孝允

AOKI takamasa4年振りとなるニューアルバム「RV8」のリリースが決定

aoki-takamasa

PROGRESSIVE FOrM、Op.disc、commmons等の人気レーベルからリリースを行ってきた、日本を代表するエレクトロニック・ミュージック・クリエイター青木孝允が、前作「Private Party」から4年振りにリリースする新作『RV8』(raster-noton)の日本盤先行発売決定。

AOKI takamasa『RV8』
¥2,300(税込)
PDIP-6535
2013年5月9日リリース
レーベル : p*dis

RHYTHM VARIATION 05 from AOKI takamasa on Vimeo.

RHYTHM VARIATION 02 from AOKI takamasa on Vimeo.

イベント情報
AOKI takamasaとグラフィックデザイナーMAAによるハイブリッドデザインプロジェクト『A.M.』が始動。リズムをテーマにしたタイポグラフィをクラブミュージックの視点でre-editしたT-shirtsシリーズの展示・販売がLIQUIDROOM2階のギャラリースペースKATAで行われます。最終日前夜→展示期間中のフライデーナイト、5月17日には、独raster-noton(日本盤はp*dis/Inpartmaint Inc.)よりリリースされるAOKI takamasaの新しいアルバム『RV8』のリリースパーティを開催!

【A.M. SHOW WINDOW】
2013.05.14(火) -18(土)
会場: KATA / OPEN15:00-21:30 /入場無料 

AOKI takamasa new album “RV8” release party
2013.5.17(金) 会場:KATA / Open・Start 20:00
料金 : フライヤー提示1000円 / 当日1500円 (ドリンク代別)
LIVE : AOKI takamasa、 DJ : MAA

※詳細はこちら
http://www.kata-gallery.net/events/am/

AOKI takamasa / 青木孝允 ・プロフィール
1976年生まれ、大阪府出身。自身にとってのファースト・アルバム「SILICOM」をリリースして以来、自らの方法論を常に冷静に見つめ続け、独自の音楽表現の領域を力強く押し拡げる気鋭のアーティスト。2004年~2011年はヨーロッパを拠点に制作活動、世界各国でのライブ活動を行い、国際的に非常に高い評価を受けている。2011年に帰国し、現在は大阪在住。
これまでにPROGRESSIVE FOrM、op.disc、fatcat、raster-noton、commmons等、国内外の人気レーベルからのソロ作品や、過去には高木正勝とのユニットSILICOM、Tujiko
Norikoとのコラボレーション・アルバムもリリース。また、坂本龍一、半野喜弘、サカナクション等のリミックスやエンジニアとしてACO、BUN / Fumitake Tamura等のミックスも手掛けている。音楽活動の他に、写真家としての精力的な活動や、2013年よりグラフィックデザイナーMAAとのハイブリッドデザインプロジェクト 『A.M.』を始動。