タグ: bisk

bisk_profile

BISK [Best 5 Music of 2014]

Raindog

Raindog – Two Words

繊細さと力強さが両立したビートメイクと丁寧にエディットされたエレガントで浮遊感のある上物のバランスが素晴らしい。
2014年はこの作品のインパクトから始まった感じがします。

Datassette

Datassette – Cagney XOR Lacey Ep

ベース・IDMを吸収した新世代デトロイトともいうべきエレクトロサウンド。
ファンク的なタメのあるビートやベースの動きとそこに絡みつくように展開するシンセアレンジが非常に洗練されており、今後も可能性を感じさせるユニット。

Kassem Mosse

Kassem Mosse – Workshop 19

90’s的な手触りのあるディープハウス~テクノ。
物憂げで不穏な上物と若干ゆったりとしたビートの反復が妙に中毒性があり何度も繰り返し聴いた作品。
エクスペリメンタルな空気感もありつつ、フロアでの機能性も絶妙なラインで担保されており魅力的。

aor-one

AOR – ONE

緻密にプロセッシング/エディットされた電子音によって構成されるグルーヴと、畝り絡みつくようなフレットレスベースによる低域がパーフェクトにコンポジットされている。
意味深なアートワークも印象的でフルアルバムを聴いてみたいユニット。

Orbis-Tertius

farbtafel – Orbis Tertius

2014年はBandcampからうかがい知る限り3作品リリースされており、どれも甲乙つけ難いが個人的には本作が最も素晴らしいと思った。エレクトロニカ/IDM/ポストクラシカルを横断する作風ながら、安易な構成や展開は皆無。Herbertを彷彿とさせるような地に足ついたアレンジメントと楽曲のバランスを崩さずに散りばめられる実験性が良い意味で非常に周到だと感じた。

bisk_profile
BISKプロフィール
主に90年代においてベルギーの老舗実験音楽レーベルSubRosaから4枚のアルバムをリリースした他、数々のリミックスワークを手掛けたが2000年に一度活動を休止。十数年の沈黙を破り2012年夏に復帰アルバム「MEMORABILIA」をリリース。その後、都内での不定期でのライブ活動やSoundCloud・Bandcampで定期的に音源公開しつつ、現在2015年のリリースに向けてニューアルバムを制作中。
[web] http://bisk.jp
http://bisk.bandcamp.com/
[soundcloud] http://soundcloud.com/aka_bisk

bisk_profile_600

BISK [Best 5 Music of 2013]

既存のスタイルを丁寧にトレースしさせすれば、「何となくできてしまう」楽曲と、そこはかとなく漂う「個性のようなもの」。アマチュアリズムがもたらす自由奔放さは今も昔も大好きだけど、明確な作り手の意図や技術、世界観を置き去りにしたイージーオペレーションのなれの果には作品の均質化とその飽和が待っているような気がして。そんな時代にあってなお印象に強く残るのは「音楽が降りてきている」人たち。一人で全てをコントロールする人、様々な分野のプロを結集して作る人、制作予算や演奏技術も含めその取り組み方に個別の差異はあれど、自分にとって深く感動するか否かの分水嶺は、舞い降りたインスピレーションと内的世界の醸成のための道具として既存フレームを取捨選択している人たち。そこに明確な意図が存在している人たちかもしれません。
素晴らしい作品はこの5枚以外にも数えきれないほどあったけど、個人的な音楽史のようなものがあるとすれば、そこに確かな爪痕を残した数々の作品の中から5枚を選びました。

Justin Timberlake - 20:20 Experience

Justin Timberlake – 20/20 Experience

とにかく圧倒的な完成度。
R&B、HIPHOP、バラードという既存フレームを使いながら、しかもビルボードで1位をとるようなメジャー作品が未だ挑戦的であることに敬服せざるをえない。作品を通してまるで1本の映画を見てるような、映像的で物語性のある作品。
10年後20年後もきっと色褪せない大作。

Morningdeer - Concert On A Twig

Morningdeer – Concert On A Twig

ハンガリー在住のシンガーソングライター、マルチ楽器奏者。
アヴァンポップの系譜としてその雑食性や即興性を捉えることができるが、根底に流れるしっかりとしたジャズの素養と優美なボーカルが、作品全体に包み込まれるような安堵感を与えている。
溢れ出る数々のアイデアを見事にまとめあげるバランス感覚は秀逸。
こちらも大傑作。

Toro y Moi - Anything In Return

Toro y Moi – Anything In Return

単なるchillwaveの枠から大きく幅を拡げ、彼の表現力を思う存分実感できる。
ソウルやファンク、R&Bといった地に足ついたブラックミュージックのエッセンスを織り込みながら、絶妙な浮遊感と温かみのあるトラックが多く、リバイバル的な作品にありがちなレプリカ感のようなものは皆無。「アンダーグラウンドのみが常に革新的だとは思わない」という彼の言葉に頷きたくなる快作。

Oneohtrix Point Never - R Plus Seve

Oneohtrix Point Never – R Plus Seven

アルペジオシンセやアンビエント/ドローン、フィールド音や声・クワイアのカットアップとその変調、教会音楽、ミニマルミュージックの援用etc… 要素の一つ一つに目新しさはなく80年代~90年代の総決算のようでありながら、安易なノスタルジーは一切感じない冷たく未来的な作品。
極めて現代的かつ本来的な意味での「サウンドデザイン」、明確に意図された音の配置やシーケンスによって、全く新たな“聴取レイヤー”のようなものを生み出したようにさえ思える凄い作品だと思う。

suppamicropamchopp

スッパマイクロパンチョップ – ピップパップギー

スッパマイクロパンチョップの歌ものニューアルバム。
前述のとおりアマチュアリズムを出発点として「自由で」「個性のある」表現をするアーティストは今やいくらでもいるのかもしれない。でも、スッパマイクロパンチョップが決定的に違うのは「音楽が降りてきている」ことじゃないかと思う。
手持ちの限られた機材やGaragebandで作られた本作は、その環境や技術の制約を一気に忘れさせられる豊潤で濃密なスッパワールドで構成されている。その感動は、おそらくはるかに多くの予算がかかっているであろう上に上げた4枚と比べたって何ら劣るところない。
ちなみにこれ、Amazonなんかでは売っていないので、レコード水越からご購入を。

bisk_profile_600
BISK
音楽家
1995年は21歳の時にベルギーの実験音楽レーベルSubRosaと契約し2000年までの5年間に4枚のフルアルバムをリリースした他、ビル・ラズウェルなど数多くのリミックスアルバムに参加。
2000年に活動を休止した後、2012年夏12年の沈黙を破り新作「MEMORABILIA」をドイツのテクノレーベルShhhhから発表。2013年には広島/東京を拠点とする音楽レーベルNovelSoundsより同アルバムを特典付国内版LPとしてライセンスリリースし、大阪・広島でのリリースツアーを行った。
2014年に6枚目のフルアルバムをリリース予定。現在鋭意制作中。

[HP] http://bisk.jp
[SoundCloud] http://soundcloud.com/aka_bisk

特典ディスクが付いたBISK「MEMORABILIA」の国内盤がNovel Soundsよりリリース決定

UNS037cover

2012年、ドイツのshhhh recordsよりリリースされた日本人アーティストBISKのアルバム「MEMORABILIA」の日本国内盤がNovel Soundsより3月20日ライセンスリリース決定。

日本国内盤特典DISCとして、2012年後半にセルフデジタルリリース(現在は入手不可)された10曲入りのアルバム「Preparing for the next」を収録。
※未発表曲+ライブアレンジ音源
※再ミックス、リマスターバージョン
さらにVegpherによる「MEMORABILIA」からのリミックストラックも収録される。

アーティスト名:BISK
タイトル:MEMORABILIA
価格:¥3,200(税込)
品番:UNS-037
フォーマット:12” LP+ 特典DISC
発売日:2013 年3 月20 日
レーベル:Novel Sounds(国内ライセンス)
流通 : ( 株) ブリッジ
備考:LP 音源は320kbps 高音質MP3 ダウンロードコード付

http://novelsounds.jp/newrelease/newrelease-bisk.html