タグ: DUB-Russell

PROGRESSIVE FOrMと邂逅の2レーベルによる新たな電子音楽イベント「KAICOrM」が開催

KAICOrM

2001年より代官山をベースに東京の音楽シーンを様々に牽引してきたAIRにて、2001年から多くの名盤をリリースさせてきたPROGRESSIVE FOrMと気鋭の注目レーベル邂逅が木曜日の夜を彩る新しい電子音楽イベントをスタートさせる。
メインフロアでは、PROGRESSIVE FOrMとmoph recordsにて共同リリースした『HyperFleeting Vision』が大きな反響を呼んでいるmergrim、8月8日にリリー スする4thアルバム『B A BEACON』が大注目のFugenn & The White Elephants、強烈なビートと美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニットDub-Russell、以上3組がライブで、コンピレーション企画”FOGPAK”主宰、タッチパッドDJ世代のデジタルネイティブRedcompassがDJで参加。
ラウンジでは、7月に邂逅より待望の1stフルアルバムをリリースした女性アーティスト34423、気鋭の電子音楽家を多数リリースするAUN Muteより洗練されたグリッチ〜テクノサウンドを聴かせるKAWAKAMI KOHEI、エレクトロニカ〜シューゲイザーの次世代を担う逸材として注目を集める弱冠20歳のLutris、先日自身が開発した残響アプリhibikuがapp storeで1位を獲得するなど話題を呼んでいる電子音楽家Katsuhiro Chibaというそれぞれ違ったテイストのアーティストがライブで参加する。都内でも屈指のサウンドシステムを誇るAIRにて始まるこの新しいイベント”KAICOrM”で現在進行形 のエレクトロニック・ミュージック最先端を堪能してほしい。

08.29.2013 THU.
KAICOrM presented by PROGRESSIVE FOrM & Kaico

7PM-11PM
¥2000 [1D] Admission

ELECTRONICA | TECHNO
B2F MAIN FLOOR
LIVE
mergrim x Kazuya Matsumoto
Fugenn & The White Elephants
Dub-Russell

DJ
Redcompass

B1F LOUNGE FLOOR
LIVE
34423
Kawakami Kohei
Lutris
and more

http://www.air-tokyo.com/schedule/1525.html

RevirthからGramline a.k.a. O.N.OとDUB-RussellのスプリットEPが期間限定フリーダウンロード公開

artwork04-by-chavo

RevirthからGramline a.k.a. O.N.OとDUB-RussellのスプリットEPが期間限定フリーダウンロード公開。

ダウンロード期間 2013.05.01~2013.05.15
ダウンロードページ:http://revirth-digital.tumblr.com

1997年の誕生以来、日本独自の完全オリジナルなエレクトロニックミュージックを提示し続けてきたレーベルRevirth。独自に築き上げてきたエレクトロニックミュージックをさらにアップデートすべく、2012年9月より、デジタル・スプリット・シングルのフリーダウンロードという新たな試みをスタートさせている。第四弾となる今作は、唯一無二のヒップホップグループ”THA BLUE HERB”のトラックメイカーであり、ソロプロジェクトである”MachineLive”においても、日本中のフロアに絶叫と熱狂を巻き起こし続けている”O.N.O”の新たなるプロジェクト”Gramline”と、国内の主要オンラインレーベルからリリースを重ね、予測不可能な展開をみせる強烈なビートとノイズ、即興性の高いライブパフォーマンスで強烈な存在感を残している、首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット、”DUB-Russell”によるスプリット・シングル。

Gramline a.k.a. O.N.Oの新曲”simulthink”は、同じく彼のソロプロジェクトである”MachineLive”とは違った表現と解釈の元、様々な制約から解放され魂を持ったリズムマシンから生まれ、きっと彼にしか辿り着く事ができなかったであろう新たな次元のビート、メロディ、グルーヴを持ち合わせた楽曲へと仕上がっている。

DUB-Russellによる新曲”Coming Cutting Dong”は、彼らの持ち味である強烈で、畳み掛けるビートが、リスナーの聴覚へと圧倒的な存在感を残していく。その再構築されたエレクトロニック・ミュージックが、リスナーへ新たな景色を見せてくれる。

Revirth Digital Split Single 04
“Gramline a.k.a. O.N.O x DUB-Russell”