タグ: flau

cicada

台湾のポストクラシカル・シーンを代表するアーティストCicadaのアルバムがflauからリリース決定

台湾を代表する室内楽アンサンブルCicadaが台湾の海をテーマとした「Ocean」をflauからリリースする。

以下、レーベルからの解説文
工業化された悪果を背負い、厳しい汚染を許すこととなった西海岸、狭くて長い縦谷と共に開発されていない豊かな自然と観光発展、環境問題の間のジレンマに 苛まれる東海岸。ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ギターによる豊潤なアンサンブルが描くのは、海岸山脈を隔てて二つの異なる表情を見せる台湾の海の物語です。太平洋の海底に群れる魚や潮の流れの力強さをドラマチックに、時に繊細に表出するアンサンブル、他のモダン・クラシカル作品とは一線を画す開放的なミックスは、どこまでも遮ることのない光と海を表現するかのようです。クラシックの荘厳さ、躍動感溢れる演奏に深い叙情性を讃えたCicadaの 音楽は、海面にきらめく光、心地よい夜の風、賑やかな青春と自己との対話、海を通した豊かな物語を感じさせてくれるでしょう。

タイトル:Ocean
アーティスト:Cicada
発売日:2015年12月2日
CAT#: FLAU54

tracklist:

01 Flapping Wings
02 Over Coastal Range
03 Deep Blue Shadow
04 Ocean Foam
05 Over the Sea/Under the Water
06 Close to Wetland
07 Withered Reflection
08 Blooms in Dark
09 into the Ocean
10 The Seashore of Endless Worlds
11 Rolling Waves
12 Diving into Pacific Ocean
13 Light Shining Through the Sea

■ リリース詳細:
http://flau.jp/releases/54.html

Cicada_cover_final

Cicada
2009年の秋、作曲とピアノを 担当する江致潔(Jesy Chiang)を中心とした 5 名によって結成された室内楽アンサンブル。2010年にOlafur Arnaldsのライヴのオープニ ングアクトとしてでデビュ ー、アルバム「Pieces」が台湾で大ヒットを記録し、いくつかのリリースと共に瞬く間に台湾で最も勢いのあるアー ティストに成長、今年 flauより台湾の海をテーマとした「Ocean」を12月に発表予定。また、来年初頭には Cicadaの初期作をまと めたコンピレーションを同レーベルよりリリ ースする。

Madegg'NEW'

Madeggがflauからサードアルバム『NEW』をリリース

Madegg'NEW'

京都の若き奇才Madeggがサードアルバム『NEW』をflauよりリリースする。
現在アルバム収録曲「Dragon」がflauのオフィシャルsoundcloudにて公開されている。

アルバムリリースに際し、『NEW』リリース・パーティー大阪編が2015/11/20にInga Copelandを迎えて開催。
2015/11/25にはJulia Holterの大阪公演にもサポートアクトとして出演も決定している。

タイトル:NEW
アーティスト:Madegg
発売日:2015年11月18日
CAT#: FLAU52
Format:CD/LP/Digital(LP版は2015年末に発表予定)

tracklist:
01 Savages
02 Portrait of a Diagram
03 Palace of Robe
04 National Water
05 Chain
06 Dragon
07 Cave Reflection
08 Paste Dream
09 Lineage of Stones
10 Chandelier
11 Unicorn
12 EFS (bonus track for CD)
12 Secret Track (bonus track for LP)

■ リリース詳細:
http://flau.jp/releases/52.html

madegg_new1
Madeggプロフィール
京都をベースに活動する平成生まれの奇才Madeggが2年8カ月ぶりとなるサードアルバム 『NEW』を発表します 。『建築』『神殿の形成』『人と野生』『境界と言葉』『石』『血脈の水』などのテーマをもとに、ハードシンセとコンピューターによって楽曲を構築。温度を持ち、絶えず揺らぎを示すメロディー、空間を認識する為の境界として機能するビート。接近と俯瞰の反復により、リズムは崩壊してアンビエンスそのものに変化していきます。テクノ、ハウス、ドローン、インダストリアル、アンビエントなど様々な音楽的フォーマットを大胆なアイデアと徹底した実験精神で解放し、 ダンスミュージックの新たな地平を感じさせるニューアルバム。マスタリングは2ndアルバム以外のMadegg作品全てを手がけているMiles Whittaker (Demdike Stare、Milie & Andrea)。

flaur20

flauからsubmerseのニューアルバム『Stay Home』がリリース

ヒップホップ、エレクトロニカ、トラップなど、あらゆるビートミュージックを吸収した個性溢れるアンビエント・ベース・ミュージックで評価を高めるイギリスの若手プロデューサーsubmerseが、各所で2014年のベストアルバムに選ばれるなど好評を博したファーストアルバム『Slow Waves』に続く新作をリリース。
昨年の日本滞在中、渋谷の高層ビルから日が落ちて夜へと変わる一日の変化を見て、都市の呼吸を感じながら製作していたという『Stay Home』は、街を歩く時、アパートの窓から外を眺める時、様々な都市のシーンで機能する夜のサウンドトラック。いくつかの楽曲では Juke/Footworkのリズムも鮮やかに取り入れ、絶妙なタイムラグ感のビートはさらに多彩に、柔らかなレコードノイズと光を反射するようにキラキラと広がるパッドのレイヤーが抜群の心地よさを約束してくれる。滑らかな絹のような感触と90年代のR&B、Slow Jamの質感を持った極上のチルアウト作。アルバムはflauとベルリンのレコードレーベルProject Mooncircleとの共同リリースとなっている。CDには3曲のボーナス・トラックを収録。

http://www.flau.jp/releases/r20.html

submerse 1