タグ: hajimeinoue

hajimeinoue

hajimeinoue [BEST 5 Music of 2014]

Neneh Cherry - Blank Project

Neneh Cherry – Blank Project

Four TetプロデュースのNeneh Cherryの久々のソロフルアルバム。
今年、自分自身の楽曲にはじめてボーカルものをカバーした事もあり、歌モノをよく聴いた1年でした。

Taylor McFerrin

Taylor Mcferrin – Early Riser

サラブレッドによるサラブレッド感満載の音楽。圧倒的な才能と音楽の神様からの愛に包まれた、間違いなく今年1番聴いた1枚です。メロウで優雅なサウンド、洒落たビートメイク、柔らかく包み込むソウルフルな空気感。僕が好む多くがこの 一枚に詰まってます。親父さんをはじめ、ゲストもさすがの超豪華メンツ。

Lone - Reality Testing

Lone – Reality Testing

10年近く前に聴いたBOC風のアルバムの印象が強かったのと、前作を聴いていなかったので、チューブから出した絵の具そのままで描いたようなシンセの生臭い音色、ビートの具合、よく言えばスカッとした感じにちょっと驚きました。R&Sからの1枚。

Print

sela. – Anniversary

サンプリングという手法に魅せられて音楽にのめり込んだ自分にとって、こういう鈍いループが鳴っただけで、もうぐっときちゃいます。1ループが永遠続くミニマルな展開は、お気に入りのループができた時にそれを1日中部屋で鳴らしっ放しにして過ごす時の幸福感を思い出します。

dorian concept - joined ends

dorian concept – joined ends

The Cinematic Orchestraやflying lotusのライブメンバーでもお馴染みの天才。参りました。なんにも言う事ありません。ユーモアと実験性溢れるメロディー、緻密なプロダクション、演奏家としての技量。圧倒されました。

hajimeinoue
hajimeinoue プロフィール
バンドのトラックメーカーとして音楽活動をスタートした後、2005年よりhajimeinoueとしてソロ名義での活動にシフトチェンジ。絵画的な構成を基に、柔らかなPADサウンドと多様なビートのトラックメイクで、日常の情景を切り抜いたようなサウンドが話題となる。2006年、尺八奏者である小濱明人とのセッションから生まれたコラボレーションアルバム『visions.』。2008年に1stフルアルバム『motion and flow』を<Shapeless Music>より発表。2010年よりクリエイティブ集団<ArtLism.JP>の中心的メンバーとして、これまでに6タイトルのコンピレーションアルバムに参加し、イベント「Party of ArtLism.Jp」を主催。
2011年、PROGRESSIVE FORMよりリリースのPleq『Good Night Two』にリミキサーとして参加。2013年、UKのSomehow Recordingsより30分1trackのambientアルバム『snooze』を発表。2014年5月、5年半ぶりのフルアルバム『OUTLINE』をPROGRESSIVE FOrMより発表する。ライブは音源での緻密なトラックメイキングとは対象的に、リアルタイムにサウンドを構築していくスタイルとダイナミックなパフォーマンスが注目され、多数のイベントに出演。また、様々なアーティストや企業、企画への楽曲提供、音響製作、プロデュース、コラボレーションなど、各方面において幅広く活躍中。
http://hajimeinoue.net/

superpack-4pp-v3

PROGRESSIVE FOrMからhajimeinoueの2ndアルバム「OUTLINE」をリリース

2005年より東京をベースに電子音楽を中心とした様々な活動を続け、2011年にはPleq「Good Night Two」(PROGRESSIVE FOrM/PFCD23)にも参加したhajimeinoueによる自身5年振りとなる待望の2ndアルバム「OUTLINE」がPROGRESSIVE FOrMからリリース。

本作ではこれまでのhajimeinoueのエッセンスを原点としつつも、根本となるソングライティングにおいてもディテールへの配慮においても格段に洗練され、正統派の電子音響から美しいテクスチャーのビート曲まで比類なき充実した作品として全てが昇華されている。

matryoshkaのボーカリストcaluと、PROGRESSIVE FOrMでアルバムをリリースしFugenn & The White Elephantsのアルバム『Prays』でも参加したNgatariのボーカリストJessicaが参加している。

マスタリングはアーティストとしても高い評価を受けるKASHIWA Daisuke。
アートワークはmetomeやLASTorderなども手掛ける気鋭のデザイナーAkita Yoshikoが担当している。

2014年5月6日(火)リリース
hajimeinoue – OUTLINE
01. gemini
02. sea wave
03. trace
04. astral
05. country livin’ feat. calu from matryoshka
06. seemless
07. outline
08. absorbance
09. dimention feat. Jessica from Ngatari
10. satellite
11. focus five

Flyer_0506_Front

PROGRESSIVE FOrM主催パーティー「OUTLINE」代官山AIRにて開催決定。Inner Science、Cuushe、MimiCof、Metome等が出演

Flyer_0506_Front

PROGRESSIVE FOrMによる2014年のゴールデンウィークを締め括る要注目アーティストによるエレクトロニックな一夜「OUTLINE」が開催決定。

メインフロアでは、通算6枚目となるオリジナル・アルバム「Self Figment」を4月にリリースしたInner Science、最新アルバム『Butterfly Case』が世界的な評価を受けるCuushe、PROGRESSIVE FOrMより『RundSkipper』『KotoLyra』の2枚のアルバムをリリースしベルリンより一時帰国中の平野みどりによるMimiCof、小瀬村晶のScholeよりデビューアルバム『colors』をリリースした注目のakisaiが出演。
また、3月にニューアルバム『Objet』をリリースした今最も注目を浴びるビートメイカーの1人であるMetomeが出演の出演も決定している。
ラウンジでは、5月6日に5年振りの2ndアルバム『OUTLINE』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースするhajimeinoue 、Revirthなどでのリリースで知られるSokif、Phasma & NOEL-KITを擁するまだ色々秘密系ガールふんわりちゃん、Bunkai-Kei recordsからリリースのある疋田哲也+NIL、1stアルバムが7,000枚を越えるヒットを記録し2ndアルバムも絶好調なWonder Worldらが出演する。

2014.5.6.火祝
OUTLINE @ AIR代官山
http://www.air-tokyo.com/schedule/1755.html

17:00-22:00
W/Flyer¥2,000 Door¥2,500

Information: AIR 03-5784-3386 Global Hearts Ltd. 03-6415-6231 http://www.air-tokyo.com
Hikawa Bldg BF, 2-11 Sarugaku-cho Shibuya-ku Tokyo Japan

▶B2 Main Floor
Live: Cuushe, Metome, MimiCof, akisai
DJ: Inner Science, mu h

▶B1 Lounge Floor
Live: hajimeinoue, ふんわりちゃん, sokif, 疋田哲也+NIL
DJ: Wonder World

Echo in May主宰パーティーFluxiaが6/23に開催

int-live

2013年1月にファーストアルバム「In Between The Last Tone And Silence」をリリースしたEcho in Mayが主宰するFluxiaが、ファーストイベントを2013年6月23日に六本木SuperDeluxeにて開催する。

「Liveのパフォーマンス」をテーマに、音楽、映像、アート、様々なコンテンツが「共鳴」していくことをコンセプトにしたイベント内容となっている。

Fluxia presents
int live;
vol.1 共鳴

@SuperDeluxe
2013/6/23 18:00 Open

前売り2000円 当日2500円
Live:
Special Guest
Kaoru Inoue (SEEDS AND GROUND)

hajimeinoue(ArtLism.JP)
Nyolfen (Denryoku Label/Bunkai-kei/PROGRESSIVE FOrM)
wk[es] (Hz-records)
Echo in May (Fluxia)

VJ:
EXCALIBUR

VJ,Lighting Artist:
YUMELIGHT

VJ,QC/Jitter Live Programing Performance:
Westronica

PAINTER:
YUSEI
WAIFone
Luise Ono
Miki Tomioka

Interactive Design:
Sohei Takimi
and more…

https://www.super-deluxe.com/room/3424/