タグ: katsuyuki taguchi

flyer-0912

Kuston Beater緊急来日公演が決定。しぶや花魁にてフリーエントランスで開催

ルクセンブルク出身のプロデューサーKuston Beaterの緊急来日が決定!
同郷のチルウィヴ系アーティストSun Glittersとも親交が深く、AYからリリースされたアートワーク集Vanished Momentsへの楽曲提供や、同じくAYからリリースされたMillimetrik – Lonely Lightsのリミックスアルバム(フリーダウンロード)にも参加。
また、エレクトロディスコスタイルのDJにも定評があり、これまでにVitalic, Caribou, Giorgio Moroder, Miss Kittin, Depeche Mode, Turzi, Kreidler, Luke Vibert, Dirty Sound System等との共演も果たしている。

flyer-0912

End of Summer Session feat.Kuston Beater
2015.9.12 (Sat) at しぶや 花魁(http://oiran.asia/
21時スタート
Entrance Free(入場時に1ドリンクオーダー)

Guest DJ : Kuston Beater
DJ : Lady Citizen (AN/AY) / katsuyuki taguchi (AN/AY) / Kravis

kt

katsuyuki taguchi [BEST 5 Music of 2014]

saycet-cover-volcano

SAYCET – Volcano

久しぶりの新曲はやっぱりSaycetの音でした。2015年はいよいよニューアルバムリリースされるようでとても楽しみなフランス出身のアーティスト。
来日公演を切に願います。

purl

Purl – Behind Clouds

Dewtone recordsからリリースされたPurlのニューアルバムはダブ、アンビエントを軸とした上質なエレクトロニックミュージックに仕上がっています。音楽を聴くという行為だけに専念したい作品。

bvdub - tanto

bvdub – tanto

bvdubの愛猫tantoへの愛に溢れた作品。
昨年の来日時にも彼の携帯に保存されている猫の写真を見せてもらったりしていたのでこのアルバムを作った経緯や各曲のタイトルを見るとぐっとくるものがあります。2曲目の「You Tell Me To Be Strong」は近年のbvdubの作品の中でも特に好きな曲の一つになりました。

metome-Angel-Heart

Metome – Angel Heart

SYZYGYからフリーダウンロードでリリースされた「Angel Heart」。めまぐるしく展開されていくこの曲は聴いていてとても気持ち良く、繰り返して何度も聴いていました。同時期にこちらもフリーダウンロードでリリースした「Angel’s Egg」もオススメです。

Loscil - Sea Island

Loscil – Sea Island

シガーロスやアウスゲイルがアイスランドの風景を紡ぎだすように、バンクーバー出身のLoscilはカナダの大自然の風景を音楽で描き続ける。
ミニマルなリズムにダブ処理されたシンセを乗せ、幻想的なシンセが揺らめくアンビエント・ドローン。時折見せるグリッチ・ノイズサウンドが深く静かに刻まれていく深淵のアンビエントミュージック。11月の初来日公演では演奏も人柄もとても素晴らしく近い将来また来日してくれることを心より願っています。

kt
katsuyuki taguchiプロフィール
国内外の良質なアーティストの作品をリリースし、海外でも注目され始めている東京発のレーベル「AN/AY」を主宰。
今年はイタリアのAndrea Porcu主宰のレーベルrohsやSomewhere.からリリースされたコンピレーションアルバムへの楽曲提供やAndrea Atzeniのアルバムでリミキサーとしても参加している。2014年秋からはDub/AmbientにフォーカスしたレーベルArctic Toneも始動。
http://www.anay.jp/
http://www.arctictone.com

kt

katsuyuki taguchi [Best 5 Music of 2013]

born-in-tokyo-bvdub

bvdub – born in tokyo

本当はbvdubのリリースだけでBest 5がうまってしまいそうですが…その中から一枚選ぶとするとこのアルバム。
自分が日本に呼んだことでまさかアルバムができるとは思わず、そしてそれが昔から好きだったレーベルn5MDからリリースされるということでこんなに光栄なことはなかなかないことだと思います。Brockと過ごした5日間は2013年と言うよりも、これまでの人生の中で振り返っててもとても印象に残る出来事になりました。
※「Born in Tokyo」には2013/2/14 at Secoでプレイされた曲の一部も収録されています。(ちなみにBullet’sでプレイされた曲の一部はIan Hawgood & Friendsの2枚目「bvdub – Red Rugs Of Infinite Grass (Titans Of Dahlia Hold You To The Sky) – For Ian」に収録されていますのでライブに行かれたかたはこちらを聴きながら振り返ってみるのもいいかもしれませんね。)

yosi-horikawa

Yosi Horikawa – Vapor<

Yosi Horikawa待望の1st Album。soundcloudで公開された「Letter」を初めて聴いた時の感動は今でも覚えています。
環境音等をサンプリングした音楽というものはそれ以前にもたくさんありますが、ここまで音の質感が伝わってくる音楽は今まで知りませんでした。
1枚のアルバムを通して広がっていく世界はまるで映画を観ているようで、どんどんとYosi Horikawaの世界観に引き込まれ1つ1つの音に耳を集中させて聴いてしまいます。

Rhian-Sheehan

rhian sheehan – Stories From Elsewhere

Linus Records主宰レーベルprecoからリリースされたRhian Sheehanのニューアルバム。
壮大で美しいオーケストラサウンド。煌びやかでドラマチックな展開に感動させられるアルバムです。
フルオーケストラでやっているというRhian Sheehanのライブを体験するという近年中に実現したい目標ができました。

Preghost

Preghost – Ghost Story

n5MDからリリースされたmoshimossの別名義プロジェクト。
ウィッチハウス+ダブテクノなスタイルにとてもはまって今年の後半はかなり聴いています。
まだ一度しか観たことないのですがライブもとても素晴らしかったので来年以降の活動も期待しています。

olafur Arnalds

Ólafur Arnalds – For Now I am Winter

アイスランド出身のポストクラシカル系アーティストOlafur ArnaldsのNew Album。
これまで通りの美しい旋律は健在ですが、今作はビートも多用され新たなシーンへ向かって行こうとする強い意思が感じ取れます。
アジアツアーで日本に来るのかなと思っていたら、まさかの中国、台湾、マレーシアのみだったので次回は是非とも来日して欲しいです。

kt
katsuyuki taguchi(AN/AY,somewhere)
国内外の良質なアーティストの作品をリリースし、海外でも注目され始めている東京発のレーベル「AN/AY」を主宰。
2013年はイタリアのSomewhere.からリリースされたコンピレーションアルバムへの楽曲提供。Ambient DJ MIXは海外の音楽メディアDub Techno Blogで取り上げられた。
また、bvdubの初来日公演をオーガナイズし両日ともに成功を収める。
http://www.anay.jp/

tomy wealth、DJ Psychological、FarFromYours等が参加したフリーコンピ「Feeling Stars」がリリース

Feeling Stars

石垣島・南の島の星まつり2013公式BGMとしてtomy wealth、DJ Psychological、FarFromYours等が参加したフリーコンピ「Feeling Stars」がリリース。
WAVE SOUND CONNECTIONのbandcampサイトにてフリーダウンロードで公開中。

V.A – Feeling Stars
1.Yocto – EVCARO(エルド吉水)
2.tone – Katsuyuki Taguchi
3.travel writer & apistogramma – Little Side Effect
4.ハルシオン – DJ Dolbee
5.Estrela cadente – FL CHE PACINO
6.Sky High – Take Abe
7.Ms.Ya – DJ Psychological
8.Rain -SyarinGlass
9.cirrus – Extra Caffeine
10.starry sky -Yasunori Sakamoto
11.そう悪くもない世界 – Quzilaya
12.diamond dust – FarFromYours
13.Ambivalence Labylince – DJ omoplatta
14.Wait Until Dark – tomy wealth

[FEATURES] katsuyuki taguchi’s Best 5 Music of 2012

bvdub – Strangers No More

今年もオリジナルアルバムを4枚。その他にEarth House HoldとEast Of Oceans名義でのアルバムをそれぞれ1枚づつ合計6枚のオリジナルアルバムをリリースしてきたbvdub a.k.a Brock Van Weyがひっそりと2曲入りEPとしてリリースしたのがこの作品。
シングル曲をあまりリリースしないbvdubがあえて自主レーベルとしてヴァイナルリリースした楽曲なだけあり、美しく、力強いアンビエントダブブレイクスが展開されています。どうぞ2013年2月14日楽しみにお待ち下さい。彼も初めての来日公演に向けてとても楽しみにしています!

Yosi Horikawa – Wandering EP

Layer Forest 2にも参加して頂いているYosi HorikawaさんのEP。
ライブで披露していた楽曲が遂に音源としてリリースされるとあって、リリース日に即購入した記憶があります。昨年、Soundcloudで公開されていたLetterを初めて聴いたときはほんとに感動しました。音源としてももちろん素晴らしいですが是非ライブで体験してみてください!そして現在アルバム制作中との事でこちらも完成がとても楽しみです。

SONITUS ECO – IT IS LONELINESS THAT MAKES THE LOUDEST NOISE

カナダのアンビエント/ダブレーベルSilent SeasonからリリースされたSONITUS ECOのアルバム。全曲10分以上の6曲で構成されたトラックで幻想的なアンビエントダブサウンドがとにかくクオリティが高く、何度でも聴きたくなる作品です。アートワークも素晴らしくレーベルオーナーのJamie McCueのディレクションが光っています。

G.R.I.T. – Expanse (The Remixes)

フランスのEntropy RecordsからリリースされたGary BracklyによるプロジェクトG.R.I.Tの楽曲をアンビエント/ダブ系アーティストがリミックスした2枚組アルバム。
(フィジカルリリースは限定100枚!)
cv313、Yagyaを始め、レーベルAYからもArc of Doves、Alteria Percepsyne、Axsが参加。テクノセットでもアンビエントセットでも使えるArc of DovesによるRemixは最近のDJでもよく使っています。

Holy Other – Held

昨年から今年にかけてのTri Angle作品はよく聴いてましたが、その中でも特にお気に入りがHoly Otherのデビューアルバム。所謂ダブステップものがどうしても好きになれずにいたけど、そこから派生しているウィッチ・ハウスな音はとても好きですね。Tri Angle Recordsはレーベル買いできます!

Release Info (AN/AY)

2012年12月28日 Nulix – Fractal Society EP
2013年1月23日 bvdub – At This City Becomes The Sea

Party Info (AN/AY)

2013年2月14日(木)@渋谷 Seco Bar
bvdub / Ametsub Live In Japan
http://www.anay.jp/bvdub-ametsub-live-in-japan/

katsuyuki taguchiプロフィール

国内外の良質なアーティストの作品をリリースし、海外でも注目され始めている東京発のレーベル「AN/AY」を主宰。
今年はイタリアのAndrea Porcu主宰のレーベルrohsやSomewhere.からリリースされたコンピレーションアルバムへの楽曲提供やAndrea Atzeniのアルバムでリミキサーとしても参加している。
http://www.anay.jp/