タグ: lady citizen

0130 remyspace

Myspace時代を振り返る”Re-myspace at しぶや花魁 ”が開催

00年代にSNSの先駆けとしてスタートし、世界中を席巻したMyspace。特に音楽の分野においてはここを経由し、これまで日本のシーンと繋がりを持つことが出来なかったミュージシャン、アーティストがアメリカ・ヨーロッパなどの海外レコードレーベルとダイレクトに繋がり、一気に飛躍するなどその”可能性”の扉をこじ開けるのに一役買った巨大ソーシャルメディアだ。

とりわけ00年代を代表する音楽ジャンル”Electro House”の世界的な流行はこのMyspaceによる影響が大きく、Justice、Digitalism、Boyz Noize、Steve Aokiなど今や押しも押されぬ世界のビッグアクトとなった彼らの活躍を後押ししたのもこのMyspaceで、フランス、ドイツ、イギリス、アメリカ、オーストラリア、果てはブラジルなど、世界中の才能たちがここでの交流を通して、数々の名作を世に送り出し、世界中のフェス、クラブなど音楽イベントで活躍した。

ここ日本でも現在のロックとクラブミュージックを繋ぐ最重要アクトである80kidz、The lowbrows, Dexpistolsらがこの最隆盛期に一気にその実力を知らしめ、国内外でのその知名度を広げ、”Tokyo Electro”と呼ばれたシーンで世間を席巻した。

それから数年。Myspaceの衰退とともに世界を巻き込んだEletroの大津波は去り、Post Electro時代に世は突入して久しい昨今。EDMや、ネットアンダーグランウンドに端をなす、インターネットベースミュージックが現在の若者の心を捉えて離さない現在のシーンの中で、2016年1月末に00年代Electroにフォーカスした”Re-myspace”開催が東京・渋谷にて開催される。

この”Re-myspace”は元々、渋谷のミュージックラバーが集まるパワースポット的存在であり、フィジカルに人と人が繋がる場である”しぶや花魁”にて行われていたフレンチタッチなハウスミュージックナイトである”AVANTGARDE”の発展、拡大解釈版として昨年末に開催された忘年会スペシャルが元になり、今回同レジデントDJたちによって開催される。

Re-myspaceのレジデントDJはMyspace時代にScottish Foldの名で数々の海外アーティスト、前述の80kidzなどのオフィシャルリミックスを手がけてきた、現在はゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞/ロッテルダム国際映画祭出展作品『さまよう小指』の主題歌やJ-Popシーンのカリスマの一人、西野カナの楽曲も手がけるAndersonsのKentaro、所謂”Electro House”フィールドにおいて、1997~2010年にリリースされた重要なアルバム&シングル、約400枚を解説した”エレクトロ・ブック2010”にも寄稿し、”和製フレンチ”と言われたLapin(彼はブレイク前のThe Bloody Beetrootsやtofubeatsの変名dj newtownの楽曲をMyspaceでの交流を通し、リミックスを手がけていた。)、そして主催者のLady CitizenはCut copy、Bang Gang DJs, The Presetsなど時代を彩ったオージーエレクトロ勃興前夜に現地に在住した経験を持ち、実際にModular周りの音楽を現場を体験、その後海外でMyspace上での音楽活動を開始し、海の向こうから日本のクラブシーンと交流を持ったり、帰国後は高い業界閲覧率を誇った音楽ブログ”Fuxx The Hype”を主宰し、日本のmyspace世代のアーティストを世に紹介し、シーンの最深部で活動してきた経歴を持つ。

そんな彼らは多くの人々の”2015年私的ベスト映画”に選ばれたフレンチハウス黎明期を描いた青春映画、”Eden/エデン”のオフィシャルパーティーも手がけており、これまでの活動の経歴も相まってその手のジャンルのスペシャリストといっても過言ではない。(ちなみにLapinとLady Citizenは次の日、1/31(日)に代々木・Spincoaster Music Barで行われる、フレンチ・エレクトロのブライテスト・ホープ”Breakbot”待望の新作アルバム日本最速試聴会でもDJ & トークセッションを行うことがすでに明らかになっている。)

世界の音楽ビジネスを変えたMyspace。その中でインディペンデントな活動をしてきた、ある意味での歴史の証言者であるレジデントDJ達が仕掛けるノスタルジックな夜会の詳細は下記にて。

2016/1/30(土) ”Re-myspace”
場所:しぶや花魁
21:00-Late
Free entry

DJs:
Kentaro(Andersons)
Lapin
Lady Citizen
http://iflyer.tv/ja/event/255746

flyer-0912

Kuston Beater緊急来日公演が決定。しぶや花魁にてフリーエントランスで開催

ルクセンブルク出身のプロデューサーKuston Beaterの緊急来日が決定!
同郷のチルウィヴ系アーティストSun Glittersとも親交が深く、AYからリリースされたアートワーク集Vanished Momentsへの楽曲提供や、同じくAYからリリースされたMillimetrik – Lonely Lightsのリミックスアルバム(フリーダウンロード)にも参加。
また、エレクトロディスコスタイルのDJにも定評があり、これまでにVitalic, Caribou, Giorgio Moroder, Miss Kittin, Depeche Mode, Turzi, Kreidler, Luke Vibert, Dirty Sound System等との共演も果たしている。

flyer-0912

End of Summer Session feat.Kuston Beater
2015.9.12 (Sat) at しぶや 花魁(http://oiran.asia/
21時スタート
Entrance Free(入場時に1ドリンクオーダー)

Guest DJ : Kuston Beater
DJ : Lady Citizen (AN/AY) / katsuyuki taguchi (AN/AY) / Kravis

Lady Citizen Black city lights EP cover

Lady CitizenがNew EP「Black city lights EP」をリリース

Lady Citizen Black city lights EP cover

音楽プロデューサー、DJ, Music bloggerとして活動するJun FukunagaによるソロプロジェクトLady Citizen。
これまでにHouse, Electro, Techno, Progressive House, Bass MusicなどのオリジナルEPをドイツ、イギリス、アルゼンチン、ベルギー、タイ、アメリカ、日本、イタリアなどのダンスミュージックレーベルからリリースした彼ののNew EP「Black city lights EP」がレーベルProjectionからリリース。

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/black-city-lights-ep/id1016408406

beatport
https://pro.beatport.com/release/black-city-lights-ep/1567384