タグ: noble

NBL-211

nobleからSerphの別名儀プロジェクトReliqの2年半振りとなるニューアルバム「Metatropics」がリリース決定

nobleからSerphの別名儀プロジェクトReliqの2年半振りとなるニューアルバム「Metatropics」がリリース決定。
容姿もプロフィールも謎なまま突然変異種的に世に現れ、アルバムをリリースする毎に驚きと熱狂とともに圧倒的なセールスを記録する異色の音楽家、Serph。
今年一月には遂に初ライブを敢行し、満員御礼の会場に光と音のユートピアを具現化してみせた彼が、Reliq名義としては二作目となる新作「Metatropics」を2014年4月18日にリリースする。

Reliq – Metatropics
1. wanderer
2. macafu
3. girlee
4. freelunch
5. rainyray
6. sentimen
7. sprite
8. willo
9. venghi
10. helfgott
11. straje
12. peace
13. tropika
14. tei

http://www.noble-label.net/

Reliq_image

doimotoomi

nobleから土井玄臣のミニアルバム「それでも春を待っている」がフリーダウンロードで公開

2011年に発表された土井玄臣のミニアルバム「それでも春を待っている」。
リリース後ほどなく製造終了となっていた同作を、この度本人の手により再ミックス&マスタリングを施し、name your priceにて公開。

kashiwa-daisuke-april02

KASHIWA Daisukeの1st Album「april.#02」が全曲リマスタリングでnobleより再リリース

kashiwa-daisuke-april02

2006年にドイツのレーベルonpaよりリリースされたKASHIWA Daisukeの1stアルバム『april.#02』が全曲再ミックス、リマスタリングを施し、新たなジャケットと共にnobleより再リリース決定。

KASHIWA Daisuke – april.#02
1. do re me?
2. april.#02
3. airdrop
4. deepblue
5. rabbit’s_quartet
6. The Unexclusive Virus
~even our invincible religion “Technology” cannnot~

リリースに向けたコメント
アニメーション監督 新海誠

KASHIWA Daisukeの耳が欲しい。
雨の音も鳥の声も、母の足音もドアが閉まる音も、そういえば幼い頃は音楽のように心を乱すものだった。そういえば世界の全ての音は、かつて音楽のようだった。このアルバムを聴いていて思い出すのはそういう感覚だ。
KASHIWA Daisukeの耳があれば、僕もきっと世界中の音という音に新たな意味を見つけることができるのに。そこから新しい物語を紡ぐことができるのに。そんな詮のないことをつい考えてしまう。