タグ: PROGRESSIVE FOrM

soejima takuma

PROGRESSIVE FOrMからsoejima takumaのデビューアルバム『Bouquet』がリリース

soejima takuma
優しさと美しさの中に様々な情景を描き出す音楽家soejima takumaによるストーリー性溢れるデビューアルバム『Bouquet』がPROGRESSIVE FOrMから2015年10月15日リリースされる。
ピアノとストリングを中心に多くの楽器群とエレクトロニクスを配置し丁寧に作曲及びアレンジメントされた各曲は、Smanyをフィーチャーした静寂を奏でる「Coelacanth」からFerriをフィーチャーした壮大かつダイナミックな「Anemone」まで、大きさや色・形・香りなどあらゆる点で種類毎に異なる花に例え、多種多様な側面を個々の楽曲の中に反映しつつそれらが一つの作品としてまとまる様をイメージしたというアルバムタイトルの『Bouquet』に見事なまでに結実させている。

本作では前述のkilk recordsより2枚のアルバムを発表しているFerri、分解系レコーズより2枚のアルバムを発表しているSmanyに加え、声のみで作り上げるアヴァン・クラシック・ヴォイスという手法を中心に活動する本田ヨシ子、静かな中に秘めた熱くエモーショナルな歌声を持つ女性シンガーソングライター香月も参加、4名のボーカリストが5曲で歌声を披露。

アートワークは、福岡を拠点に人物画や風景画を中心に暗闇に浮かぶ光を描く現代美術の油絵画家として、国内外で高い評価を受け活躍する田中千智が担当している。

soejima takuma
1990年生まれ。福岡県出身。17歳より作曲活動を開始。
活動を続けていくにつれフォーレやドビュッシー、グバイドゥーリナ、権代敦彦といった近・現代音楽に傾倒するようになり、自身の創作でも和声的なアプローチやミニマル性、アート性を強く意識するようになる。同時に池田亮司や渋谷慶一郎といった非楽音的なノイズミューシャンからも強い影響を受け、緻密に塗り重ねたグリッチノイズやサウンドコラージュを軸にピアノなどの生楽器を織り交ぜるスタイルを確立。
近年ではBunkai-Kei recordsより2014年9月にリリースされたsmanyの2ndアルバムにピアニストとして参加、翌月にはMercedes-Benz Fashion Week TOKYOへの楽曲提供、2015年5月には画家の矢野ミチルとの共同展示など活動は多岐に渡る。

yuichi NAGAO-Phantasmagoria

PROGRESSIVE FOrMからyuichi NAGAOのデュー・アルバム『Phantasmagoria』がリリース決定

疾走感溢れるアップテンポなダンスナンバーから心地よいダウン~ミッドテンポのバラードナンバーまで、縦横無尽に駆け巡るサウンドを展開する驚異的なまでのポテンシャルを秘めた新たなエレクトロニック・ミュージックの才能・yuichi NAGAOによるデュー・アルバム『Phantasmagoria』がPROGRESSIVE FOrMからリリース決定。

菊地成孔に音楽理論の師事を受けたという素養をベースに、作曲における様々な要素やコンセプトを見事に昇華させた世界観は非常にバランスが良く洗練され、ポジティブな力強さと同時に温かい優しさにも満ちている。

発売日   : 2015年9月18日(金曜日)
アーティスト: yuichi NAGAO(ナガオ・ユウイチ)
タイトル  : Phantasmagoria(ファンタズマゴリア)
発売元   : PROGRESSIVE FOrM
販売元   : BRIDGE INC.
規格番号  : PFCD50
価格(CD) : 税抜本体価格¥2,000
収録曲数  : 12曲(CD)/14曲(配信)

yuichi NAGAO-Phantasmagoria

yuichi NAGAOプロフィール
香川出身・東京在住の音楽家。
美術教師の父と音楽教師の母の家庭に育ち幼少時より絵や音楽に親しむ。父親のアトリエで観たシュールレアリスム絵画や、アニメ『銀河鉄道の夜』における細野晴臣のOSTに多大な影響を受け、のちの音楽制作の原体験となる。
高校卒業を機に上京、美術大学でメディアアートやサウンドアート等を学ぶかたわら、菊地成孔氏に音楽理論を師事。ジャズ・ミュージシャンなどとの即興演奏を中心にエクスペリメンタルなフィールドを中心にライブ活動を行う。
その後、webコンテンツへの楽曲提供などクライアントワークを行いながら、2010年に開催された『Red Bull Music Academy Basscamp』への参加をきっかけに、ソロ名義でのアーティスト活動を開始。
2012年8月に『Midsummer EP』をリリースしつつ都内を中心に制作とライブ活動を展開、老舗クラブ青山蜂のレギュラーイベント”Sukima Tokyo”にてレジデントを務めるほか、都内のビート・コレクティブ”En-Tokyo”に参加するなど、特定のジャンルに捕われず積極的な活動を続けている。

PROGRESSIVE FOrM-Geskia-swift

PROGRESSIVE FOrMからGeskiaの7thアルバム『SFIMT』がリリース

flau、術ノ穴などからのリリースでも知られる希代のトラック・メイカーGeskiaの通算7枚目となる待望の最新アルバム『SFIMT』
前作『Silent Of Light』に続きPROGRESSIVE FOrMよりリリース。

フィールドレコーディングを始めとした多種多様なボイス素材の声や歌のフレーズを分解し、ピッチを様々にいじったものを再構築してオートチューンで歌わせるという手法を取っており、男性らしく聴こえる声も元は女性の声だったり、その逆もあり、楽曲を構成する楽器の一部として声に性別としての役割はもたせてはいないが、そこには強烈な存在感と魅惑的なメロディー・ラインが奏でられている。

アルバム全体としては、都会的な影の部分や現代的な響きは意識して取り入れており、個人的な憂いや倦怠感などの渇きを都市の生産的で肯定的な躍動感と対比させた部分、またそこから産まれるのはパーソナルな核になる孤独感と多幸感にスポットを当てて表現。

アートワークは、術の穴のアートワークは映像なども手掛けるlenoが担当。

また、アルバム収録曲「Priority Minority」のミュージックビデオも公開。Yousuke Fuyamaをディレクターに迎えたこの作品は、
広大で無限を思わせる空間の中に鮮やかな色彩が溢れ、ドラマティックかつ優雅に様々なイメージが広がっていくような、緻密にアレンジメントされながらも有機的な表情を伺わせるエレガントなサウンドをプログラミングを用いて共感覚的にヴィジュアライズされている。