タグ: pv

shotahirama-pv

shotahirama2014年発売の新作タイトルは『post punk』そして、PVが解禁

shotahirama-pv

evala (port, ATAK) や Ametsub らが注目する新鋭音響家として、2011年のデビュー作以降各誌・各種メディアにて様々な評価と反響を得ているニューヨーク出身の音楽家 shotahirama。強烈な音像と逸脱した音楽観、そして刺青をさらけ出すその風貌はシーンでも一際異彩を放っている。そんなshotahiramaが自身3作品目となるソロアルバム『post punk』を2014年1月に発売する。

今回はそれに先駆け実の弟であるkenhiramaディレクションによるPV (short ver.)が公開された。先日のAtom™ (Raster-Noton) らとの共演も話題になった京都クラブMetroでのshotahirama STROBE LIVE-SETからのライブ映像を含むshort ver.だが、本編であるlong ver.は年明け公開予定だそうだ。

アルバム『post punk』は1トラックのみ、shotahirama特有のカットアップはさらなる進化を遂げ、そこに音楽的要素はまるで皆無。印象としては恐ろしく冷えきった音像世界といった趣きであり、音響特化の音楽作品としては圧巻のストイックさと言えよう。注目はギターサウンドらしき音響までもが登場する「ポストパンク」と銘打たれた本作の真意だが、メロディは一切存在せず、音の響きだけで描かれる陰鬱な雰囲気は確かにそれを強く感じる事が出来る。誰も望んでいなかったポストパンクが突如現れ戸惑いは隠せないだろう。なお、アルバムの詳細は年末までにはすべて出揃う見通しだ。

shotahirama official website
http://www.signaldada.com

shotahirama live information
EMAF TOKYO 2013 day2に出演決定!
Red Bull Music Academy Weekender EMAF TOKYO 2013.11.3, 4
day1: Diamond Version (Byetone&Alva Noto) + 伊東篤宏, μ-Ziq, world’s end girlfriend & Another Alchemy, AOKI takamasa and more
day2: ヤン富田, Y.Sunahara, Fennesz, Lusine, shotahirama and more

http://www.liquidroom.net/schedule/20131104/15702/

Geskia!の最新アルバムから「Glare Trigger」のプロモーションビデオが公開

Geskia-Glare-Trigger

PROGRESSIVE FOrMからリリースされたGeskia!の最新アルバム「Silent Of Light」から「Glare Trigger」のプロモーションビデオが公開。

Epic45「The Stars In Spring」や、The American Dollar「Signaling Through The Flames」のミュージックビデオをてがけていtることでも知られるHajime Hondaが製作を担当。彼が4~5月にフランスとイギリスで撮影した素材と原曲とのコラボレーションによって完成している。

shotahirama / DUCEREY ADA NEXINOによるスケボービデオ!?遂に”Just Like Honey”の音源がミュージックビデオで解禁

Just Like Honey

JIMMY EDGAR(Warp Records)やSKIRT(Semantica Records)らを次々とリミックスし、Richie Hawtin率いるM_NUS一派、Chris Liebing率いるCLR一派までもがファイヴァリットにその名前を挙げ世界中のテクノDJ/リスナーがこぞって注目するトラックメイカーYUJI KONDOことDUCEREY ADA NEXINO。そしてevala(port, ATAK)やAmetsub等が絶賛し、その革新的な音楽観と音響音楽で話題を集めるshotahirama。彼ら2人によるリミックスEP『Just Like Honey』(5月23日全国発売)のミュージックビデオが公開解禁された。

映像監督はshotahiramaの実の弟でもあり、大好評だった前作『NICE DOLL TO TALK』のトレイラーも担当していたkenhiramaが今作でもそのすべてを担っている。
映像は1分弱の短いトレイラーではあるが、kenhirama特有とも呼べる「不幸感や孤独感」を演出するカメラワークやライティング、そしてなによりも特筆すべきは shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO 両者がこよなく愛すスケートボードカルチャーへのリンクであろう。この映像に携わったすべてのアーティスト、スケートボーダー達によるオルタナティヴアティテュードが伺える、刺激的で最高にクールな映像に仕上がっている。

DUCEREY ADA NEXINOを迎え、新たな転換期を迎えるであろうレーベルSIGNALDADA。
オルタナティヴ・エレクトロニクスを掲げ、アカデミックではないストリートの何処かに落とされたナードなインテリジェンスをshotahiramaの強い個性でまとめあげる。
結果、国内の何処のシーンにも属さない独自の路線を貫いている状況を彼、そして彼らは楽しんでいるのであろう。

映像監督 kenhirama プロフィール:
アメリカ・ニューヨークに生まれカナダのカルガリーで育ち、現在は東京に拠点を置く映像作家。彼の作品には一貫して「自然環境」とそれに対峙もしくは共存を試みる人間社会の「日常」という2つの要素が含まれている。ショートフィルムというメディアを纏いながらも、シネマティックに描写される2項間の相互作用はまるでドキュメンタリーのように生々しくそして力強い。「ベストフィルム by D90」選出をはじめ、カンヌライオンズではランナーアップ賞を受賞、アムステルダムのHuis Marseille美術館では蜷川実花や川内倫子らと共に作品展示を果たすなど精力的に活動を行っている。現在は実の兄であるサウンド・アーティスト shotahiramaとのコラボレーションやMarsen Jules (12K)、ポーランドの音楽家pleqへの映像提供など、ショートフィルムだけに留まらずジャンルをクロスオーヴァーする制作にも取り組んでいる。
facebook.com/kenhiramavisuals

“Just Like Honey Trailer”
Film directed by kenhirama

“Just Like Honey” CD/EP
shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO
23rd May 2013 on sale
Available at Amazon, iTunes, Tower Records, HMV and more

shotahirama「NICE DOLL TO TALK」のプロモーションビデオが公開

shotahirama

「ノイズ、具体音が曲想的な音楽に」(Sound&Recording誌 11年5月号)ドラスティック に引き裂かれる時間と空間」(音楽家 evala /port, ATAK)「繰り返し聴いて徐々に染み込む良さ」(音楽家 Ametsub)「ドラマ性と奔放さを兼ね備えた電子音楽」(Sound&Recording誌 12年11月号)「一つの大きな世界を見事に構築」(CDJournal誌 13年1月号)と2011年のデビューCDアルバム以降各誌・各種メディアにて様々な評価と反響を得ているニューヨーク出身の音楽家 shotahirama(平間翔太)。

今回公開された映像は2012年10月に発売された彼のセカンドCDアルバム『NICE DOLL TO TALK』のトレイラーとも呼べる内容。映像には13年1月に行われた彼の京都ツアー(イベント共演はRaster-NotonのKangding Ray他、場所は京都クラブメトロ)のライブ映像も収められており、ドラマ性とドキュメンタリー性両面を兼ね備えた作品になっている。映像監督は彼の実の弟でもあるkenhiramaが担当、近年はCM制作がメインではあるが、NHKフィルムフェスティバルへのノミネートをはじめカンヌライオンズではランナーアップ賞を受賞、アムステルダムのHuis Marseille美術館では蜷川実花や川内倫子らと共に作品展示を果たすなど積極的にアートエリアにも挑戦している。

NICE DOLL TO TALK trailer from Ken Hirama on Vimeo.

shotahirama オフィシャルウェブサイト
http://www.signaldada.com

kenhirama オフィシャルウェブサイト
http://www.kenhirama.com