タグ: DUCEREY ADA NEXINO

shotahirama / DUCEREY ADA NEXINOによるスケボービデオ!?遂に”Just Like Honey”の音源がミュージックビデオで解禁

Just Like Honey

JIMMY EDGAR(Warp Records)やSKIRT(Semantica Records)らを次々とリミックスし、Richie Hawtin率いるM_NUS一派、Chris Liebing率いるCLR一派までもがファイヴァリットにその名前を挙げ世界中のテクノDJ/リスナーがこぞって注目するトラックメイカーYUJI KONDOことDUCEREY ADA NEXINO。そしてevala(port, ATAK)やAmetsub等が絶賛し、その革新的な音楽観と音響音楽で話題を集めるshotahirama。彼ら2人によるリミックスEP『Just Like Honey』(5月23日全国発売)のミュージックビデオが公開解禁された。

映像監督はshotahiramaの実の弟でもあり、大好評だった前作『NICE DOLL TO TALK』のトレイラーも担当していたkenhiramaが今作でもそのすべてを担っている。
映像は1分弱の短いトレイラーではあるが、kenhirama特有とも呼べる「不幸感や孤独感」を演出するカメラワークやライティング、そしてなによりも特筆すべきは shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO 両者がこよなく愛すスケートボードカルチャーへのリンクであろう。この映像に携わったすべてのアーティスト、スケートボーダー達によるオルタナティヴアティテュードが伺える、刺激的で最高にクールな映像に仕上がっている。

DUCEREY ADA NEXINOを迎え、新たな転換期を迎えるであろうレーベルSIGNALDADA。
オルタナティヴ・エレクトロニクスを掲げ、アカデミックではないストリートの何処かに落とされたナードなインテリジェンスをshotahiramaの強い個性でまとめあげる。
結果、国内の何処のシーンにも属さない独自の路線を貫いている状況を彼、そして彼らは楽しんでいるのであろう。

映像監督 kenhirama プロフィール:
アメリカ・ニューヨークに生まれカナダのカルガリーで育ち、現在は東京に拠点を置く映像作家。彼の作品には一貫して「自然環境」とそれに対峙もしくは共存を試みる人間社会の「日常」という2つの要素が含まれている。ショートフィルムというメディアを纏いながらも、シネマティックに描写される2項間の相互作用はまるでドキュメンタリーのように生々しくそして力強い。「ベストフィルム by D90」選出をはじめ、カンヌライオンズではランナーアップ賞を受賞、アムステルダムのHuis Marseille美術館では蜷川実花や川内倫子らと共に作品展示を果たすなど精力的に活動を行っている。現在は実の兄であるサウンド・アーティスト shotahiramaとのコラボレーションやMarsen Jules (12K)、ポーランドの音楽家pleqへの映像提供など、ショートフィルムだけに留まらずジャンルをクロスオーヴァーする制作にも取り組んでいる。
facebook.com/kenhiramavisuals

“Just Like Honey Trailer”
Film directed by kenhirama

“Just Like Honey” CD/EP
shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO
23rd May 2013 on sale
Available at Amazon, iTunes, Tower Records, HMV and more

話題の新鋭音響家2組shotahirama / DUCEREY ADA NEXINOによるコラボレーションEPは5月23日リリース!

evala(port, ATAK)やAmetsubも注目する新鋭音響家shotahiramaが、JIMMY EDGAR(Warp Records)、SKIRT(Semantica Records)等、次々にヴァイナル・リミックスを発表し続ける話題のテクノアーティストDUCEREY ADA NEXINOとのコラボレーションEP『Just Like Honey』をリリース!

情報の解禁以降、Peak Silenceでも頻繁に取り上げてきた話題のコラボレーションEPが遂にそのベールを脱ぐ。
音響音楽とテクノミュージックが交錯するカッティングエッジなニューコンセプトとして、新鋭音響家2組が昨今のアンダーグラウンド・エレクトロニクスをリードする決定的な1枚をリリース!

shotahiramaJKTfront

shotahiramaとDUCEREY ADA NEXINOの2組による『Just Like Honey』は SIGNALDADA より5月23日に発売される。本作は、2012年に発売された shotahirama のセカンドアルバム『NICE DOLL TO TALK』のリミックス盤であり、収録楽曲は各アーティストが手掛けた計2曲。

shotahiramaによる解像度の高い音像世界は健在で、そこに置かれてゆくリズムプロダクションはグルーヴすら生まないアンチファンクネスといった印象だ。
極めて無表情であり、そして張りつめた空気を静寂な電子音響が包んでいる。反復音楽のこれまでのステイトメントを完全に覆すリスニングを得られるのはshotahiramaだからなし得る事であろう。
対極に存在するかのようにDUCEREY ADA NEXINOのトラックが開始される。オイルスラッジのようなノイズプロダクションの中を驚愕の性能とスピードで音楽を構築していく。
その様は恐ろしく、音響云々やテクノロジカルを超越し聴覚以外のどこか心の奥にまで侵入する強烈なテクノミュージックであった。圧巻の一言であり、改めてこのコラボレーションの異様さに気づく事も出来る。

両者に一貫している、この何とも言えない不気味さと悪趣味感で徹した突出した音楽感。正しくアンダーグラウンド・エレクトロニクスを公言するレーベルの、そのレーベルカラーに偽りの無いサウンドでもある。SIGNALDADAの次なるスプリットが用意されているという中、まずはこの2組の対極性、音響そしてテクノミュージックその交錯を、結果まるで恋人のような組み合わせとなった過激な1枚を楽しむべきであろう。

『Just Like Honey』
shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO
5月23日発売
発売元:SIGNALDADA
フォーマット:CD
規格番号:SIGNAL007
収録曲:
Track 1 – “Baby You’re Just You” – shotahirama
Track 2 – “Aerial Ambitions” – DUCEREY ADA NEXINO
販売価格:1260円(税込)

SIGNALSTORE(レーベル直営ウェブショップにて本日より先行予約開始。Amazon、その他大型CDショップでのご予約は5月上旬頃から順次開始予定)
http://signalstore.ocnk.net/

お問い合わせ先:
SIGNALDADA
http://www.signaldada.com

p*dis/Inpartmaint
http://www.inpartmaint.com/shop

新世代の最強タッグと呼び声高いshotahirama / DUCEREY ADA NEXINOのリミックスアルバム最新リーク!アルバムタイトルは「Just Like Honey」

shotahiramaDUCEREYADANEXINOphoto-2

新世代の最強タッグと呼び声高い shotahirama / DUCEREY ADA NEXINO のリミックスアルバム最新リーク!アルバムタイトルは『Just Like Honey』

evala (port, ATAK) や Ametsub が注目する期待の新鋭音響家shotahirama、そして今や世界中のテクノクリティークスが絶賛するジャパニーズトラックメイカーDUCEREY ADA NEXINO、両者によるリミックスCDアルバムが5月頃SIGNALDADAより発売される。この情報は3月上旬、SIGNALDADAのウェブサイトで公開されてから多くの反響を呼ぶが、その後の情報更新は一切見られず詳細は謎のままであった。今回は何処よりも早くその最新情報のリーク公開に成功した。

YUJI KONDOことDUCEREY ADA NEXINOはこれまでにドイツ、セルビア、イギリスと世界各国で12インチを発表しているが、自身のソロ名義の他にSTEVEN PORTERの名でもユニット活躍をしている。先頃来日したイギリスMODERN LOVEのDemdike Stareとは東京・UNITにてステージをシェアしたばかりで、その衝撃は鮮明な記憶として人々の心に強く残っている。またshotahiramaは今年頭にドイツRaster-NotonのKangding Rayと京都・Metroでステージをシェアしている。両雄ともにリリースのみならず、2013年は精力的にライブ活動も続けており、各方面で今最も大きな注目を浴びている。

今回明らかになったのは下記インフォメーションだ。リミックスアルバムのタイトルは『Just Like Honey』と題され、SIGNALDADAからの前作同様、寂しげな女性が孤独に佇む同レーベル特有のアンハッピネスなジャケットデザイン(ジャケット公開時期はまだ未定とのことだ)。収録曲は各アーティスト1曲ずつの計2曲。肝心の音源は未だプレス関係者への公開が一切されておらず、その全体像を掴むことは極めて難しい。しかしDUCEREY ADA NEXINO特有とも呼べる重厚なインダストリアルテクノはSvrecaやAncient Methods を系譜とするラインとしてはこれまで圧巻の完成度を見せており、今作ではシーンとしても次なるステップを踏む為の重要な位置づけ
になる事は間違いないであろう。一方、細部まで造り込まれるトポロジカルな響きのみを提示してきたshotahiramaがそのフィールドレコーディングやショートトラックから離れダンスミュージックへと移行する先にどんな結果(音源)が待っているのだろうか。

徐々に明るみになる彼らのリミックスアルバムでの共演、次なる情報解禁を待ちながら、我々の期待は高まるばかりだ。

SIGNALDADA / shotahirama オフィシャルウェブサイト
http://www.signaldada.com

YUJI KONDO / DUCEREY ADA NEXINO オフィシャルウェブサイト
http://www.yujikondo.com

新鋭音響家shotahiramaがテクノアーティストDUCEREY ADA NEXINOとのコラボレーションアルバムのリリースを発表

shotahiramaDUCEREYADANEXINOphoto-1

evala (port, ATAK)やAmetsubが注目する期待の新鋭音響家shotahiramaが5月頃に自身初となるコラボレーションCDアルバムを発売する事が明らかになった。
注目の共演はJIMMY EDGAR(WARP)やSKIRT(Semantica Records)など気鋭のテクノアーティストを次々にリミックスし、各誌各種メディア騒然の話題を呼ぶ日本人アーティストYUJI KONDOことDUCEREY ADA NEXINO。

YUJI KONDOはスペインのSemantica Recordsをはじめ、これまでにドイツ、セルビア、イギリスと世界各国で12インチを発表している。
SvrecaやAncient Methodsといったインダストリアルテクノのニューコンセプトとして今最も大きな注目を浴びているトラックメイカーのひとりである。
また Richie Hawtin(M_NUS)やChris Liebing(CLR)がファイヴァリットに挙げる他、Raster-NotonのAnne-James Chatonともヴァイナル共演した事でここ日本でも確実にその知名度を上げている。

なお、現段階で明らかにされている本作の情報は下記の通りだ。それぞれが1曲ずつを仕上げ(レーベルインフォによれば shotahiramaの2ndアルバムNICE DOLL TO TALKのリミックスにあたる内容を匂わす一文も)2曲のみが収録されたリズム作品という事だ。shotahiramaそしてYUJI KONDO両者のCDコラボレーションは今回が初となり、shotahiramaが初めて披露するリズムミュージックにも注目したい。

その他詳細は決まり次第SIGNALDADAのオフィシャルウェブサイトにて順次公開されるという。

SIGNALDADA / shotahirama オフィシャルウェブサイト
http://www.signaldada.com

YUJI KONDO / DUCEREY ADA NEXINO オフィシャルウェブサイト
http://www.yujikondo.com

NICE DOLL TO TALK trailer from Ken Hirama on Vimeo.