タグ: m-koda

M-KODA

M-KODA [Best 5 Music of 2014]

Mr-Scruff

Mr.Scruff – Friendly Bacteria

全体的にファンキーでノリノリな感じがMr.Scruffらしい作品と感じました。とくにRender Me (feat.Denis Jones)は口ずさんでしまう程お気に入りです。ローテンポな曲からアップテンポな曲まで体を揺らせてくれるアルバムです。

Clark

Clark – Clark

待ってました。信者と言われるぐらいClarkが好きな僕ですが、今回のアルバムも良かったです。IradelphicやFantasm Planesではメランコリックな雰囲気に変わっていたのですが、シングルでリリースされたSuperscopeではシンセサイザーを多用したサウンドに、そして今作ではIradelphicとTurning Dragonを足して二で割ったようなサウンドに・・・。ハマります。

andy-stott

Andy Stott – Faith In Strangers

以前に比べメロディを感じ取れるような作風になったと感じました。よりスピリチュアル感が増したと言いますか、全体的に幻想的な作りでインダストリアルでありながらアンビエントでもあるような、Andy StottのLiveにどのような影響が与えられるのだろうと気になってしまいます。

Luke Abbott

Luke Abbott – Wysing Forest

哀愁が漂うメロディが多かった作風でしたが、今作は雄大な実験心に溢れた作風に感じました。ですが、彼らしい何とも愛嬌が有る音を多用しています。聞けば聞く程クセになる感覚です。

The Bug - Angels & Devils

The Bug – Angels & Devils

ベース狂とも言えるような音使いが正にThe Bug!!!!それでいてベースラインがクセになるグルーヴを奏でており、とにかく怪しい、そしてエグイ。Fat Mac(feat.Flowdan)はFlowdanのラップが心地よいぐらいにミックスされておりダウナーな気分になります。
https://soundcloud.com/ninja-tune/the-bug-fuck-a-bitch-feat

M-KODA

M-KODAプロフィール
1989年生まれ、宮城県仙台市出身の音楽家。独創的なアイディアから生まれるメロディとドラマディックな展開が印象的な楽曲は確信的なストーリーを紡ぎ、アルバムを通してその世界観を表現しているアーティスト。2010年、Red Bull Music Academyに楽曲が選考、2011年にはDOMMUNEのストリーミング放送「うちこみ!!」にて、agraph×Sound & Recording マガジン主宰のリミックス・コンテストで最優秀賞に選ばれる。同年、1stアルバム『moss』、2012年、2ndアルバム『inga』をLiquid note records よりリリース。また「mergrim Remix & Live album [ Intersect Landscape…]」にリミキサーとして参加するなど勢力的に作曲、ライブ活動を行っている。2013年6月6日、3rdアルバム『Generating Arrow Diagram』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース。そして2014年9月9日、待望の4thアルバム『Synthese』をリリースする。

・リリース
4th アルバム Synthese 絶賛発売中。

12月21日 仙台Club ADD 『Quat(out)+parsley』
http://clubadd.sakura.ne.jp/schedule/2014/12/quatout-parsley.html

m-koda-artist

M-Koda [Best 5 Music of 2013]

Oneohtrix Point Never - R Plus Seve

Oneohtrix Point Never – R Plus Seven

素晴らしい。ビートミュージックでもなく、アンビエントでもなく、何とも言えない音楽なんです。まるでエレクトロミュージックの交響曲を聞いているような、アルバム前半の不思議な空気から、後半にかけての美しさに感動しました。

james-blake-overgrown-410

James Blake – Overgrown

気付くと聞いているんですよね、ファーストの衝撃もさる事ながら、歌物アルバムへと更なる進化を遂げている。全ての曲が心地良くスッと入って来ます。それにしてもJames Blakeはダサイ音を上手く使うセンスが凄い。

James_Holden_-_The_Inheritors

Holden – The Inheritors

James Holdenの別名義なんでしょうか?フロアライクなエレクトロニカのイメージが強い彼ですが、「The Inheritors」はどちらかと言うと民族音楽的でした。そこがまた新鮮で面白いアルバムに仕上がっています。

Clark - Feast-Beast

Clark – Feast/Beast

Clarkファン(信者)の方々は待ちに待ったアルバムだったのでは無いでしょうか?Feast/BeastはClarkのRemixワークが詰まっているアルバムなのですが、全ての曲がClark色に染まっていて聞きごたえの有るアルバムでした。

Atoms-for-peace-AMOK-cover

Atoms for Peace – Amok

僕の青春時代から、今にまで影響を及ぼし続けるThom Yorke。そのThom Yorkeが率いる新バンドAtoms for Peaceの初アルバムなのですが、カッコ良いの一言。実験的でグルーヴィで、リリース以降も未だに聞いています。

m-koda-artist
M-KODA
1989年生まれ、宮城県仙台市出身の音楽家。独創的なアイデアから生まれるメロディとドラマティックな展開が印象的な楽曲は確信的なストーリーを紡ぎ、アルバムを通してその世界観を表現しているアーティスト。2010年、Red Bull Music Academyに楽曲が選考、2011年には、DOMMUNEのストリーミング放送「うちこみ!!」にて、agraph×Sound & recordingマガジン主宰のリミックス・コンテストで最優秀賞に選ばれる。同年、1stアルバム『moss』、2012年、2ndアルバム『inga』をLiquid note recordsよりリリース、また「mergrim Remix & Live album [Intersect Landscape…]」にリミキサーとして参加するなど勢力的に作曲、ライブ活動を行っている。そして2013年6月6日、3rdアルバム『Generating Arrow Diagram』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

[M-KODA リリース情報]
アルバム名 Generating Arrow Diagram
レーベル PROGRESSIVE FOrM(PFCD36)

1. After The End
2. Scent
3. Fales B
4. On The Surface Of Lake
5. Conflict
6. Goes D To U
7. A# To
8. Recollections
9. Abyss feat. fraqsea
10. The Place Which Should Return
11. Panorama
12. Compatibility

PROGRESSIVE FOrMからM-KodaのNew Albumがリリース

M-Koda

PROGRESSIVE FOrMから仙台をベースに積極的な活動を続けLiquid note recordsから2枚のアルバムをリリースしてきたSatoshi KodamaによるソロプロジェクトM-Kodaの通算3作目となるアルバム「Generating Arrow Diagram」がリリース。

2013年6月6日(木)リリース
M-Koda – Generating Arrow Diagram
01. After The End
02. Scent
03. Fales B
04. On The Surface Of Lake
05. Conflict
06. Goes D To U
07. A# To
08. Recollections
09. Abyss feat. fraqsea
10. The Place Which Should Return
11. Panorama
12. Compatibility

M-Koda-artist
M-Kodaプロフィール
1989年生まれ、宮城県仙台市出身の音楽家。独創的なアイデアから生まれるメロディとドラマティックな展開が印象的な楽曲は確信的なストーリーを紡ぎ、アルバムを通してその世界観を表現しているアーティスト。2010年、Red Bull Music Academyに楽曲が選考、2011年には、DOMMUNEのストリーミング放送「うちこみ!!」にて、agraph×Sound & recordingマガジン主宰のリミックス・コンテストで最優秀賞に選ばれる。同年、1stアルバム『moss』、2012年、2ndアルバム『inga』をLiquid note recordsよりリリース、また「mergrim Remix & Live album [Intersect Landscape…]」にリミキサーとして参加するなど勢力的に作曲、ライブ活動を行っている。そして2013年6月6日、3rdアルバム『Generating Arrow Diagram』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

アルバムに寄せられたコメント
桑原茂→
「ハナから癒しの音楽が存在しないように、抽象画を愉しむには見る者のアーカイブの絶対量が問われる。モノリスに目を奪われるならば抽象が具象になる危険を孕むことになる。今や音楽を定義づける術はもうない。ここにスターチャイルドが存在するかどうか、あなたは問われている。」

HIROSHI WATANABE a.k.a kaito
「M-KODA君の音の世界は確実に大きく広がっています。以前にもコメントを書かせて頂きましたけど今回の作品は更に進化し、
音の中に潜む生きるエネルギーが格段に増した様に思えました。よりメランコリーな世界観とメロディの強さが増し、
音楽として各楽曲が洗礼されたと思う、全曲素敵ですがその中でも10曲目のThe Place Which Should Returnがとても美しく心に刻み込まれた。
アルバムタイトルにもグっと来ました。これからも期待と応援をしています!!!」

KASHIWA Daisuke
「都会のキラキラした夜景の様な、また懐かしい思い出のような・・・現実と空想の狭間を感じさせてくれる素敵な作品でした。」

Geskia!
「エレクトロニカと呼ばれる音楽性の最大公約数的なバランスを持っている音楽だなと思います。
プチプチだけど優しいニュアンスもあり、カットアップな手法で壮大な世界観もある。
昔からのPROGRESSIVE FOrMファンも、最近PROGRESSIVE FOrMを知った方にも世代や好みを超えてアピールできる魅力があるし、PROGRESSIVE FOrMの新しいスタンダードになりうる力がある作品だと思いました。」