タグ: miclodiet

shotahirama-mv

shotahirama / Miclodiet によるスプリットCD『clampdown』のミュージックビデオが公開!

中原昌也、Ametsub、evalaらが注目し、Kangding RayやMark Fellらraster-notonアーティストのジャパンツアーにてオープニングアクトを務める等、近年大きな話題を集めるニューヨーク出身の音楽家shotahirama。そして東京のアンダーグラウンドシーンに置いて絶大な人気と共に確かな実力を兼ね備えるテクノイズ・アーティストMiclodiet。国内の電子音楽シーン、そのカッティングエッジに立つ2人がスプリットシングルを6月8日にリリースする。そして今回その発売に先駆けミュージックビデオが公開された。

映像監督はshotahiramaの実の弟であり、クリエイティブディレクターNIGO®のスタジオ「studio lesson 8」専属カメラマンとして様々な作品、広告媒体で活躍する気鋭の映像作家kenhirama。出演は女装家タレントの吾代健十。ニューヨーク、北京そして東京の3都市にて撮影された映像はストリートダイナミズムとも呼べる特別な臨場感を生んでいる。また、吾代健十の迫力ある存在感は終始画面を支配しており、観る者に大きなインパクトを与えているのもこの映像の魅力だろう。

shotahirama / Miclodiet『clampdown』(SIGNALDADA)
Amazon
Tower Records
HMV
SIGNALDADA webshop

clampdown

shotahiramaとMiclodietによるスプリットCD『clampdown』が6月に限定300枚のリミテッドリリース

clampdown

2014年早々大きな話題を集めた『post punk』は僅か2ヶ月で完売、今最も注目を集めるニューヨーク出身の新鋭音響家shotahiramaが早くも新作『clampdown』を発表するという。
本作は東京のノイズ/ベースミュージックシーンを代表するトラックメイカーMiclodietとのスプリットEPで、両者の特色でもある「踊れないリズム」と「踊れるノイズ」が激しく交錯する強烈なスプリットシングルに仕上がっている。限定300枚で2014年6月にSIGNALDADAよりリリースされる。

レーベルサイト
http://www.signaldada.com

shotahirama / miclodiet 豪華共演によるスプリットシングルが年内にSIGNALDADAよりリリース決定

shotaandmicloPHOTO

エレクトロニクスの表層に佇むスタテッィク、その影に落ちて行くノイズ、地響きと連なるベースミュージック、異次元のリズムフォーメーション。物資的恍惚。まるでそこに滞在するかのような。テクノイズ、そのさらなるフォルムを追求し現在最もドラスティックにアンダーグラウンドシーンをブラッシュアップするアーティスト、それがmiclodietである。そのmiclodietが遂にCD媒体でのリリースを決定したという情報が公開された。

彼の経歴をまとめるのは決して容易ではない。これまでにanbb (alva noto&blixa bargeld), Mika vainio, Mark Fell, Frank Bretschneider, Mark McGuireなど多くの著名音楽家達と共演を果たし、東京の地下深く、そして世界の地層奥深くで強大なインパクトを与え続けてきた実力派である。しかし彼のパフォーマンスは主にライブのみであり、CDでのトラックワークスはまるで見られなかったのだ。多くの音楽家に敬愛され、多くのファンに愛され、しかし多くの批評家を嘲笑ってきた彼の究極のテクノイズミュージック、その最も新しい姿が遂にCDとして発売されるのだ。

スプリットと銘打ち彼をレーベルに迎え入れるのは、新鋭音響家と呼ばれ昨今最も異端的な注目を集めるshotahiramaである。若手ながらも現在のエレクトロニクスシーンから極端に逸脱したスタンスとその作風で、evala (port, ATAK)やAmetsubといった奇才音楽家らが称賛する他各誌・各種メディアで多くの話題を集めている。

オルタナティヴ・エレクトロニクスを掲げ華麗なる逸脱を試みるshotahiramaとそのレーベルSIGNALDADAは、今年5月にshotahirama / DUCEREY ADA NEXINOの組み合わせでCDEP “Just Like Honey”を発売している。レーベルプレス分はすべて完売し、その興奮を引きづりながらもレーベルは次なる革新へ歩み出す。shotahirama / miclodietによるスプリットシングル、様々な事象においてのオルタナティヴをまとめて牽引する1枚になりそうだ。なお、発売時期は年内を予定しているとのことだが、それ以上の情報はまだ公開されていない。

shotahirama official website
http://www.signaldada.com

miclodiet official website
http://sludge-tapes.com